​定期健診

当院では治療が終了した方に定期健診を受けていただくことをお薦めしています。

 

定期健診の間隔はその方により、時期が異なります。

 

 

 

 

 

 

 

   

 

           

Q:定期健診って何をするの?

 

虫歯や歯周病の検査を行い、新たな治療が必要なければ 虫歯や歯周病の予防を継続する為、お口の中のクリーニングと予防処置をしていきます。

 

Q:どうして定期健診した方がいいの?

 

◎専門的なお口の中のクリーニングと予防をすることで虫歯や歯周病になるのを防ぐことができます 

虫歯や歯周病はきちんとしたお手入れをすることで予防できる疾患です。

定期健診の際には専門の器具を用いてプラークや歯石を取り除き、フッ素の入ったペーストで丁寧に磨き上げていきます。

また、プラークの付着状況から、日頃のブラッシングに対するアドバイスもさせていただきます。専門的なクリーニングと毎日のブラッシングの両面から虫歯や歯周病になりにくい口腔環境にしていきます。

 

◎お口の中が変わります

定期健診を続けていく(2~3年)と、汚れが付きにくく、虫歯や歯周病に強いお口の中に変わっていきます。

 

◎虫歯や歯周病を早期に発見することが出来ます

『歯科医院へは痛みが出てからしか行かない』その時には病状がかなり進行してしまっている場合が多く、治療にも長い時間を要します。定期健診で虫歯や歯周病を早期発見、早期治療することで治療回数も比較的少なく済みます。

 

 

Q:定期健診の時期は?

お口の中の状態によって異なりますので、健診の間隔を歯科医師と相談しながら決めていきます。

 

歯周病の進行状態やブラッシングの状況によって、定期健診の間隔に個人差があるので、おひとりおひとり必要な時期を歯科医師と相談しながら決めていきます。お口の中の状態が特に問題のない方には最長で4ヶ月に1回の間隔をお薦めしています。磨き残してしまったプラークの中の細菌が歯や歯肉に対して悪影響を及ぼし始めるのがこのぐらいの時期といわれていますので、あまり間隔を開けすぎないようにしましょう。

© 2019医療法人社団晃嶺会鈴木歯科医院