​ホワイトニング

ホワイトニングは、ホワイトニング材を歯の表面からしみこませ、歯の中の色素を分解する方法で 歯を削る必要はありません。

 

当院で行なうデュアルホワイトニング』は 下記①②のホワイトニング法2種類の併用により、他の方法に比べて 確実で長期間効果のある方法です。

 

①オフィスホワイトニング 

診療室で2時間程度行います。ホワイトニング材を歯の表面に塗り、主に歯の表面に近いエナメル質の中の色素を分解します。

      

②ホームホワイトニング 

歯の形に合った専用のマウスピースにホワイトニング材を入れ、毎日2時間、2~3週間、歯に装着して頂きます。ゆっくりホワイトニング材を効かせることにより 主に歯の内部の象牙質の中の色素を分解します。    

 

 

 

ホワイトニングQ&A

Q. 痛みはありますか

オフィスホワイトニング中に軽い違和感を感じることがあるかもしれませんが、短期間で緩和します。

また、ホームホワイトニング中に歯がしみるような症状が起こることがあります。マウスピースの使用を一時中断することで、症状は軽減または消失します。

             

Q. 詰め物や白い色のかぶせ物も白くなりますか

 

詰め物やかぶせ物を白くすることはできません。ホワイトニングした歯に色を合わせた方が良い場合には、再治療が必要になることもあります。

 

Q. 歯の白さはどのくらい持続できますか  

 

効果が持続する期間は食べ物や歯の構造によって個人差があります。より長くきれいな状態を維持するためには、定期的なクリーニングとホームホワイトニングをお勧めしています。

当院で行うデュアルホワイトニングは、初めにオフィスホワイトニングにより歯の色を明るくし、その後ホームホワイトニングを繰り返して頂くことによって、ホワイトニング効果を持続し、後戻りを防ぐことができます。

 

 

 

    

© 2019医療法人社団晃嶺会鈴木歯科医院