B.O.P.T.(bopt:ボプト)とは

どのような治療ですか?

 

B.O.P.T.とは、歯の歯茎のラインの不調和や下りを改善して、歯茎の下がらない被せ物を入れる画期的な審美歯科治療です。

B.O.P.T.は歯肉が下がり長く見える状態の歯に、特別な治療を施すことによって、手術をする事なしに歯肉が肥厚、伸展し、それを長く維持できるテクニックです。

 

従来の方法で冠を装着した場合では、冠の境界線(マージン)が露出するというデータ(1年で40%、10年では71%等)があります。時間がたつとますます歯茎が下がってしまい見た目が悪くなるばかりか、歯肉の厚みが痩せてくる例もあります。

現在でも、歯肉移植などの手術をすることで改善を図る方法はありますが、B.O.P.T.は 手術することなく、歯茎の状態を理想に近づけ、長期間維持することが出来る治療法なのです。

 

また、B.O.P.T.治療はインプラント治療でも応用することができ、PRAMAというインプラントにB.O.P.T.テクニックを使用すると長期にわたって歯茎が安定し、審美的にも良い結果が得られています。​

​更に詳しく・・・

© 2019医療法人社団晃嶺会鈴木歯科医院