ホワイトニング

審美歯科の中では、歯の色を明るくする方法として最もよく使われています
歯を白く美しくするために専用のホワイトニング剤を歯に塗ることで少しずつ歯を白くします。自分の歯を削ることなく安全に白くします。

マイクロベニア

マイクロベニアは、歯の表面を削らない、若しくはわずかに削って、薄いセラミックを貼り付けて行う治療です。現在の進んだマイクロベニアは、強度的にも予後的にも優れています。ただし、顕微鏡を使った非常に高度な難易度の高い治療法の一つで、治療期間がかかる場合もあります。

セラミックインレー

目立ったところに銀の詰め物などが入っている場合、セラミックの詰め物に入れ替えるだけで、口元がきれいに整います。短期間で治療できます。

オールセラミック

オールセラミッククラウンは、金属を使っていないセラミックの冠です。レジン(プラスチック)や金属の冠で見た目が不自然になっている場合やセラミックの前歯で歯茎のラインに黒い色が目立っている場合などに、オールセラミックを使います。

土台もグラスファイバーに置き換えて治療する事で、天然歯と見た目に変わらないほど美しく自然な仕上がりになります。今、もっとも研究が進んでいる分野でたくさんの材料、治療法があります。

クリーニング

歯の表面についた歯垢、歯石、着色を専用の機器、器具を使って取っていきます。

大切な日の直前にも来院してクリーニングを受けていただくことで、さらにきれいな歯の状態でその日を迎えることができます。

© 2019医療法人社団晃嶺会鈴木歯科医院