レーザー治療

レーザー治療とは

レーザー治療とは、レーザー光線を照射することによって治療的効果を出す方法です。歯科医院で使用するレーザーにはいくつか種類があり、機器によってレーザーの性質が異なります。
当院はヨシダ社製のオペレーザープロ(炭酸ガスレーザー)を使用しています。


■当院は、主に痛みをとる、痛みを和らげる目的でレーザーを使っています。

炭酸ガスレーザーの効果とは

●痛みが少なく、細菌を除去できる
●治療時の腫れ、出血が抑えられる
●治療後の患部の治りが早い
●自己回復機能の促進

レーザー治療の例

口内炎の治療

当院ではレーザー照射と塗り薬で早期に痛みをとることが可能になりました。
炭酸ガスレーザーをあてた瞬間から痛みがなくなり、つらい痛みを少しでも早く治すことが可能です。

知覚過敏

歯牙に適切にあてることで、知覚過敏や虫歯治療後のしみる症状の早期緩和に効果があります。

インプラント

インプラントはチタンでできているため、電気メスが基本的に使えません。
インプラント手術の2次切開にはその止血効果も含めて非常に安全で効果的な方法です。

再生治療時

炭酸ガスレーザーの使用は、治療時の安全性を高めているほか、治療後は骨や歯肉の再生が早くなり、歯肉がよりきれいな治り方をします。

歯肉の切開

虫歯が歯肉の下の方まで進行していた場合、歯肉に膿みがたまっているために切開しなくてはならない場合があり、炭酸ガスレーザーを用いることで、歯肉がよりきれいな治り方をします。

歯内治療

神経の治療では、神経をすべて除去し、さらに細菌を死滅させなければなりません。レーザーを根管(神経の穴)にあてることで細菌を取り除くことが出来、治療の効果が上げることが出来ます。

小帯・歯肉の切除

小帯の付着異常があり 切除する必要がある場合、炭酸ガスレーザーを使用することにより、出血が少なく、治癒が早いというメリットがあります。又、より痛みが少なく、きれいな治りが期待できます。

歯肉の急性炎症緩和

歯肉が炎症を起こして腫れている場合、レーザーを照射することで腫れが早くひき、同時に痛みを少なくすることができます。

義歯性褥創(ぎしせいじょくそう)

義歯の一部が強く歯肉に当たっていた場合、その部位が白っぽくなり、傷ができたりします。レーザーを照射することにより、その治りを早くし、また、痛みは瞬時に消えてしまいます。

メラニン色素の除去

メラニン色素が多く、歯肉が黒く着色している場合、炭酸ガスレーザーを応用することで色素を除去し、きれいな歯肉へと変化させることができます。

メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログこだわり審美歯科専門サイトへ鈴木歯科医院インプラント専門サイトへ入れ歯をご検討されている方はこちら