ホワイトニング(漂白・ブリーチング)

歯科において、「ホワイトニング」は審美歯科の一分野であり、現在よく使われている「ホワイトニング」という言葉は、「歯牙漂白」のことを指すのが一般的です。
ホワイトニングは、歯を白く美しくするための方法で専用のホワイトニング剤を歯に塗ることで少しずつ歯を白くします。自分の歯を削ることなく安全に白くします。歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行えるホームホワイトニングがあります。
当院では、二つのホワイトニングの併用法、デュアルホワイトニングを推奨しています。
最も効果的で、ホワイトニングが長続きします

オフィスホワイトニング

 診療室で2時間程度時間をいただき、専用のホワイトニング剤を歯に塗ることで少しずつ歯を白くする方法です。主に歯の表面のエナメル質から色素を分解していく方法で、エナメル質の状態にも寄りますが、短時間で効果がある方法です。エナメル質に縞模様がある場合は、縞模様が強くなったり色むらが目立つ場合もあります。この方法単体では後戻りが早くなる方もいます。

ホームホワイトニング

自宅で行う方法で、マウスピースの内面にホワイトニング剤を塗布し、上の歯や下の歯に装着して行う方法です。主に歯の内部の象牙質の色素をゆっくり分解していく方法で、効果を早く実感することはありませんが、透明感が出て縞模様や色むらが少ない仕上がりになりやすいです。但し、この方法単体では、なかなか効果が出づらいのが難点です。

デュアルホワイトニング

当院では、オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、この二つのホワイトニングの併用法、デュアルホワイトニング法を推奨しています。
まず、オフィスホワイトニングで主に歯の表面のエナメル質から色素を分解していき、次にその色素の分解されたエナメル質を通して、ホワイトニング材を浸透させ歯の内部の象牙質の色素をゆっくり分解していくホームホワイトニング法の効果を上げるという方法になります。
この方法は 最も効果的で、ホワイトニング効果が長続きするという特徴があります。

 

歯を白くする他の治療法

歯を白くするという意味では、マイクロベニア、オールセラミッククラウン、メタルセラミック、セラミックインレーなどの方法もありますが、そちらは審美歯科のサイトでご説明致します。

メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログこだわり審美歯科専門サイトへ鈴木歯科医院インプラント専門サイトへ入れ歯をご検討されている方はこちら