セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは、現在患者さまご自身が受診している診療内容等について、担当医以外の医師に意見を求め、患者さまが、最良の治療を選択できるようにすることです。治療内容や方針などについて良く判らない、どんな選択をしたら良いか迷っている等、困っている場合に違う歯科医師からの意見を得ることで、これから受ける治療に対して不安を取り除き、安心して治療を進めることができます。

特にインプラント治療など高度な歯科医療技術が求められる場合は、安全性の問われる非常に精密な治療でもあるため、患者様も慎重に治療の選択を行う必要があります。当院ではお一人お一人にあった治療の選択肢をご提示し、より客観的な判断を持っていただけるようセカンドオピニオンにも力を入れています。どうぞお気軽にご利用ください。

※朝起きた時に頭から下顎にかけて重だるい痛みがあったり、頭痛がするなど自覚症状まで伴っている方は、適切な処置をする必要がございますので、ご相談にいらしてください。

お問い合わせの多い内容

セカンドオピニオンとして、お問い合わせの多い内容は下記となっています。下記以外にもご質問等をお受けすることはできますので、お気軽にご相談ください。

抜歯しかないと言われたが、歯を抜かずに残すことはできないか。
大きな虫歯があるが、歯の神経を取らずに治療はできないか。
インプラントを勧められたが、他によい治療方法はないか。
インプラントができないと言われたが、インプラント治療を何とかできないか。
治療後の経過が思わしくない。原因は何か。    等々

セカンドオピニオンの対象となる方

患者様ご本人の相談のみとさせていただきます。ご家族の付添いも可能です。

セカンドオピニオンの流れ

1.お気軽にお電話ください
お電話にてご予約下さい。その際にセカンドピニオンを受けたい旨をスタッフまでお伝えいただき、歯に関するお悩みや治療への不安等をお聞かせ下さい。

2.カウンセリング
まずは患者様のお話をじっくりお伺いすることが、とても重要です。現状の患者様のお考えや不安点を踏まえ、コミュニケーションの場を作ります。なお、この際にこれまで通われていた歯科医院からの資料(意見書・レントゲン・CT・歯周病検査データなど)をお持ちであればご持参ください。

3.ご説明
お口の中を診察させていただいた後に、客観的な立場から治療法についてお話いたします。必要があれば、患者さんのご希望をお聞きしたうえで、検査をおこなったり、レントゲン写真の撮影をおこなうことで、より詳細なお話をさせていただきます。
セカンドオピニオン外来では患者様自身がより良い治療方法を選択できるよう、また主治医からより安心して医療を受けて頂くための手助けをさせていただきます。

ご不明な点などがありましたら、お気軽にお尋ねください。

セカンドオピニオンをお受け頂く際の注意事項

セカンドオピニオンは担当歯科医師以外の意見を聞くことにより、患者様ご自身に合った治療方法を探すことが目的です。患者様の意見に賛同してくれる歯科医師を探すものではありません。
治療にあたっては、患者様のご要望を聞き入れていくことは大切なことですが、それが医学的にみて正しくない治療方法である場合は、それをきちんと患者様に伝えることも歯科医師の役目です。
時には患者様のご期待に反する意見をお伝えしなくてはならないこともございますが、ご了承下さい。

セカンドオピニオンでお受けできない内容など

・医療過誤、裁判係争中に関するご相談。

・死亡した患者様を対象とする場合。

・相談内容が当院の専門外(歯科以外)である場合。

・直接ご来院いただけない患者様(メールや電話でのご相談はお受けできません)。

・ご予約のない患者様。

セカンドオピニオンの費用

費用は有料となります。

初診料がかかるほか、検査やレントゲン写真の撮影をおこなった場合は、これらの費用がかかります。受診の際は保険証をご持参ください。

メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログこだわり審美歯科専門サイトへ鈴木歯科医院インプラント専門サイトへ入れ歯をご検討されている方はこちら