スポーツマウスガード

スポーツマウスガード

スポーツマウスガードは、スポーツをおこなうときに歯につける装置です。マウスガード、マウスピース、プロテクターなどともよばれます。
スポーツマウスガードの装着により、歯、口、脳など顔面の外傷予防につながるだけでなく、運動能力も増すといわれています。一部のスポーツでは、装着が義務化されています。スポーツマウスガードには、歯科医院で作製するものと市販のものがあります。歯科医院で作製するスポーツマウスガードは、精度が高く、違和感が少なく、運動能力の向上に優れます。市販のスポーツマウスガードは費用が安いという特徴があります。

 

■マウスガード装着が義務付けられているスポーツ

ボクシング
アメリカンフットボール
キックボクシング
女子ラクロス
インラインホッケー
空手(一部義務化)
ラグビー(一部義務化)

マウスガード装着が推奨されているスポーツ

アクロバット、ベースボール、バスケットボール、吹奏楽団、サイクリング、円盤投げ、体操、馬術、ホッケー、ハンドボール、アイスホッケー、柔道、空手、ラクロス、モトクロス、マーシャルアーツ、パラシューティング、ライディング、ラグビー、ラケットボール、スキー、サッカー、スカッシュ、サーフィン、スケートボード、砲丸投げ、スカイダイビング、トランポリン、テニス、バレーボール、レスリング、重量挙げ、水球

(米国スポーツ歯科学会より)

当院のマウスガード

当院では、アスリートの方の口腔内の形状に合わせたマウスガードの作製をしていますので、アスリートの方が競技中に違和感を感じることなくプレイに集中することが可能です。
ロゴやネームを入れたマウスガードも作製することも可能ですので お問い合わせ下さい。

スポーツマウスガードの効果

スポーツ先進国であるアメリカの歯科医師会は、アメリカ国内でおこなわれるスポーツの試合中にスポーツマウスガードを装着することにより、年間20万件以上のあごや歯などの怪我や脳震盪などの外傷を防いでいると報告しています。日本でも同様の報告があります。
また、正しいスポーツマウスガードの使用は、体のバランスの安定、筋力の向上が見られるだけでなく、スポーツの種類によっては競技力が向上すると報告されています。

スポーツマウスガードの種類

●簡易タイプ

長所・短所:価格は安い。適合性が悪く違和感が強い。外傷の予防効果も低い。

種類 特徴
ストックタイプ 市販されているマウスガードをそのまま使用
マウスフォームドタイプ 市販されているマウスガードをお湯で軟化させ、歯に適合させて使用

●カスタムメイドタイプ

長所・短所:違和感が少なく、スポーツの特性や選手の要望に合わせることができる。外傷の予防効果が高い。価格はやや高い。

種類 特徴
ラミネートタイプ 歯科医院で口腔内の精密な型を取り、専門の歯科技工所にて その種目にあわせた数枚のスポーツマウスガード材を重ね合わせて作製
メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログこだわり審美歯科専門サイトへ鈴木歯科医院インプラント専門サイトへ入れ歯をご検討されている方はこちら