よくある質問

Q

毎日、歯磨きしているのに虫歯になってしまいます。なぜでしょうか?

A

毎日歯を磨いていても、正しいブラッシングができていないと虫歯の原因となるプラークが残ってしまっている可能性があります。
虫歯になりやすいのは歯と歯の間や歯と歯茎の境目などが多く、磨けているつもりでも盲点となっている部分があるかもしれません。実際にブラッシング後に残っているプラークを特殊な薬で染め出して、ご自身のブラッシングは適正なのか確認してみましょう。当院ではホームケアが自己流にならないよう、患者さま一人一人に合った正しいブラシの選択やブラッシングの方法をご指導させていただきます。また、歯磨剤やフロスなどの選び方においても、お口の状態に適したものを選ぶ必要がありますのでお気軽にご相談ください。

Q

歯磨きするときに血が出ます。何が原因ですか?

A

歯周病が進行して歯茎に炎症が起きている可能性があります。歯茎は炎症を起こすとブラッシングなどの簡単な刺激で出血しやすくなります。歯茎の出血は歯周病のサインですから歯茎が痛くなくても早めに歯科医院に受診して歯周病の検査をしましょう。また、ブラッシングが強すぎたり歯ブラシが硬すぎたりして歯を傷つけてしまっている場合もありますので歯科医院で確認しましょう。

Q

冷たいものを飲んだり、冷たい風があたったりすると歯がしみます。虫歯じゃないと思いますが、原因はほかに考えられますか?

A

まず、見えない部分に虫歯ができている可能性もありますので、虫歯かどうかの検査をする必要があります。虫歯ではない場合は知覚過敏の可能性が考えらますので、その原因の究明と適切な処置をする必要があります。知覚過敏は何らかの原因で歯の表層のエナメル質が失われてしまいしみてしまう状態です。その原因はブラッシングの仕方や歯周病、噛み合わせなどさまざま考えられるので、虫歯かどうかの検査と共に原因の究明が必要です。治療としてはフッ化物やハイドロキシアパタイトの塗布、歯科素材(コンポジットレジン)での痛みの部分の被覆、レーザー治療などがあります。

Q

口を開けたり動かしたりするときに音がします。どこかおかしいのでしょうか?

A

顎関節症の疑いがあります。顎関節とは耳の穴の前方にある下顎と上顎の接合部のことで、口の開け閉めや下顎を左右に動かす時に関係してきます。何らかの原因で下顎がこの顎関節でスムーズに動かなくなると、顎の開け閉めの時に音が鳴ったり、痛みが出たりすることがあります。このような症状を顎関節症と言い、重症になると口が開かなくなってしまうことがあります。その原因は様々ですが、噛み合わせの問題から起きる場合もあるので歯科医院で検査してもらうのが良いでしょう。また、就寝時に顎に負担がかからないようにするために薄いマウスピースを使用していただく治療が効果的で、当院でも治療できますのでお気軽にご相談ください。

Q

以前、治療した歯が咬むと痛いのですが、また虫歯になったのでしょうか?

A

原因はいくつか考えられますが二次的な虫歯ができている場合や、根の中に炎症が起きている場合があります。そのほかにも歯周病が進行している可能性も考えられますので、お早めにご来院ください。

Q

虫歯で歯を抜いたのですが、入れ歯はしっかりかめないと聞くし、何かいい方法はありますか?

A

抜いた歯を補う方法は、入れ歯のほかにブリッジやインプラントなどがあります。お口の状態によって適応できる治療法が異なってきますが、入れ歯だとしっかり咬めないためにインプラント治療を受ける方が多くなってきています。インプラントとは歯を失った場合に顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせることで新たな歯を獲得する治療法です。ブリッジや入れ歯と異なり、他の歯に負担を掛けることなく単独で新たな歯を得ることが出来るので非常にメリットの大きい治療法と言えます。当院ではセカンドオピニオンなど治療方法の相談だけでも受け付けていますのでお気軽にご相談ください。

Q

入れ歯のバネが見えて、いかにも入れ歯を入れているという感じがいやなのですが、解決する方法がありますか?

A

現在、入れ歯のピンク色の部分の素材に弾力性のある特殊な樹脂を使うことで、金属のバネを必要としない入れ歯をお作りすることが可能です。ノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー)と呼ばれているもので金属をほとんど使わないので見た目が気にならなくなり、また樹脂に弾力性があるためフィット感にも優れています。

Q

入れ歯を入れてもらいましたが異物感があります。違和感を解消するいい方法はありますか?

A

新しく入れ歯を入れた当初は違和感が大きいと思いますが、調整を行いながら少しずつ慣れていただく必要があります。また、ピンク色の樹脂の部分を薄い金属で作った金属床義歯であれば、薄くて温度も伝わる入れ歯なので違和感は少なくなります。

また、入れ歯の違和感がどうしてもなくならない場合はインプラント治療を検討してみてもいいかもしれません。違和感がなく強く咬むことができる治療法なので、入れ歯の悩みを解決できる治療法と言えるでしょう。

Q

矯正治療は大人になってからでも間に合いますか?また治療していることを知られない方法はありますか?

A

矯正治療に遅すぎるということはありませんので何歳からでも始められます。年齢を重ねると共に悪い歯並びは歯周病や虫歯、顎の痛みなどを引き起こす原因となってきますので、見た目の問題以外にもお口の健康のために矯正治療は大切です。当院でも成人矯正を行っている患者さまが多くいらっしゃいますので、ご心配なさらずにご相談ください。
また、矯正装置が目立たないようにする方法もいくつかあります。本来、歯の表側に装着する矯正装置を歯の裏側に装着する舌側矯正も可能ですし、金属製の装置ではなくセラミック製の装置を使うことで目立ちにくくもできます。マウスピースを用いた矯正方法などもあり、歯並びによって適応できるものとそうでないものがありますが、一度お気軽にご相談ください。

Q

インプラント治療を行うのに痛みはありますか?

A

インプラント治療を行う際は麻酔をしっかりと効かせますので、痛みの心配はなく治療を受けていただけます。
また、従来の手術法に比べて歯茎を切開する量を最低限に留めた『ガイド手術』を行うことで、術後の痛みや腫れも少なくすることができます。ガイド手術とは術前のCT検査の情報をもとにコンピュータ上でシュミレーションしたインプラントの埋入位置を実際の手術に反映させる術式です。解析情報からサージカルガイドと呼ばれるマウスピース様の装置を作製し手術に用います。サージカルガイドにはシュミレーションしたインプラントの埋入方向に円柱状の穴が開いているため、より正確なインプラントの埋入が可能になります。さらに切開する量も最低限で済むため現在のインプラント手術では主流になってきています。

Q

インプラント治療期間中に食事は問題なくできますか?

A

インプラントの手術直後はインプラント部分に大きな負担をかけないようにしていただくため、数日間は固いものなどの食事は避けていただきます。インプラントの治療内容や骨の状態などによって食事の制限は異なりますが、術後1週間程すると制限なく食事をしていただけます。また、インプラント手術と同日に上物の仮歯を入れる治療の場合は、しばらく固いものは咬まないようにしていただきます。
これらの注意事項は術前、術後に必ず説明し、食事の注意点や食べられる物の例を書いたリストをお渡ししますのでご安心ください。

Q

インプラントはどの程度、持ちますか?

A

インプラントはチタンという腐食しづらい金属を使用し、顎の骨としっかりと結合しますので半永久的に使用していただけます。しかし、インプラントの清掃を怠りインプラントの周りの歯茎に重度の炎症が起こってしまうと(インプラント周囲炎)、インプラントを支えている骨そのものが溶けてしまうためインプラントは使えなくなってしまいます。当院ではそういった事態にならないよう、インプラント治療を行う前に必ずブラッシングの指導をさせていただくようにしており、またインプラント治療後も定期的にメインテナンスを受けていただくようにお願いしています。

メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログこだわり審美歯科専門サイトへ鈴木歯科医院インプラント専門サイトへ入れ歯をご検討されている方はこちら