審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは、歯や口元の美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療のことを指します。
単に歯を白くすることだけを目的とすることではなく、美しい歯並びやバランスのとれた歯肉などを含めた口腔内全体のトータル的な環境づくりを行い、その人本来の健康的で美しい笑顔を手に入れることを目的としています。
幼年期から青年期、老年期にかけ、その年代にふさわしい口元の健康美を求めていくのが審美歯科です。
当院では、患者さんのご希望をよくお聞きしたうえで、顔貌、骨格との調和、咬合にこだわり、治療計画を立てていきます。
そのうえで、プロビジョナルという仮歯の質にもこだわり、お口の中で最終修復物前に、何段階かのステップ踏みながら、患者さんの希望や顔貌との調和、口唇や舌のの関係を確かめながら、治療を進めていきます。
歯を作る技工士も症例に合わせて厳選しています。特に難症例には審美歯科では著名な技工士に直接診療室にて歯を仕上げてもらうというシステムを採用しています。

難症例における特別なインターディシプリナリーアプローチの採用

インターディシプリナリーアプローチとはインプラント治療や審美歯科治療などにおいて歯周・外科・矯正・補綴という代表的な治療技術を高度なレベルで専門的に連携させ、一口腔単位を総合的に捉えながら治療ゴールを目指す考えです。
患者様の歯を無駄に削らない、無駄な治療期間を取らせない。そのために各専門家がしっかりと連携して治療に取り組みます。
診査・診断・治療計画の段階から患者さんのご希望をお聞きするコーディネーター、歯を作る技工士、歯周病、予防担当の歯科衛生士、総合的に治療に関わる歯科医師(院長)など各専門医がしっかりと連携し、患者さんとともに最善のゴールを目指します。
いろいろなご要望をお聞かせください。

●歯を白くしたい
●歯並びをきれいにしたい
●歯の形をきれいにしたい
●歯茎をきれいにしたい
●よく噛めるようにしたい
●ご自身の希望する歯並び、歯の形にしたい
●今の歯をより審美的にやり直したい
etc….

審美歯科治療の代表的な治療法

審美歯科は総合的な歯科医療全般を指しますが、代表的な治療法として、ホワイトニング、マイクロベニア、オールセラミック、メタルセラミック、セラミックインレー、クリーニングなどをご説明します。

ホワイトニング

ホワイトニングは、歯を白く美しくするための方法で専用のホワイトニング剤を歯に塗ることで少しずつ歯を白くします。自分の歯を削ることなく安全に白くします。歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行えるホームホワイトニングがあります。
当院では、二つのホワイトニングの併用法、デュアルホワイトニングを推奨しています。
最も効果的で、ホワイトニングが長続きします

マイクロベニア

マイクロベニアは、歯の表面を削らない、またはわずかに削って、薄いセラミックを貼り付けて行う治療です。現在の進んだマイクロベニアは、強度的にも予後的にも優れ現在では応用範囲の広い処置方法です。
ただし、顕微鏡を使った非常に高度な難易度の高い治療法の一つでもあり、従来のラミネートべニアとは一線を画します。
他の治療法に比べ、歯茎との境目のきれいな立ち上がりが自然でとても美しく仕上がります。治療ステップがありますので、治療期間はやや長くなります。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンは、虫歯治療で歯を大きく削った場合に被せるセラミック(陶材)のクラウン(被せ物)です。レジン(プラスチック)や金属では見た目が不自然であったり、時間が経つにつれ変色や劣化が起きたりしてしまいますが、オールセラミックの場合は、天然歯と見間違うほど美しく自然な見た目の仕上がりになります。
今、もっとも研究が進んでいるので、たくさんの材料、治療法があります。
また、現在当院で使っているオールセラミックは、審美性、耐久性に優れており、しっかり噛めて、適切なケアをすることにより、長く使い続けることができます。金属を一切使っていないため金属アレルギーの方でも安心です。

メタルセラミック

メタルセラミックは、虫歯で歯を大きく削った場合に被せるクラウン(被せ物)のひとつで、金属のフレームにセラミックを焼き付けている構造です。金属のフレームがあるため、ブリッジにも応用が利きます。現在は ナノレベルの陶材を使用していて、従来のものより 強度も上がり耐久性も増しました。
ただ内部が金属である分、見た目の透明感や色調はオールセラミッククラウンに劣り、歯茎が痩せることで金属部分が見えたり、金属イオンが溶け出して歯が黒ずんで見えたりすることがあります。奥歯などでより強度が必要な場合は、オールセラミックを使います。また、金属を使っているため金属アレルギーの方には適応できない場合があります。

セラミックインレー

虫歯で詰め物をするときに、セラミックの詰め物をする治療です。審美性の向上だけでなく、汚れも付きにくいことから、現在金属で詰め物をしている歯の治療のやり直しを希望される方も多くなっています。短期間で審美性がとても向上します。
この治療についても、使うセラミックの材料、治療法の研究が進化により、従来法に比べ、格段に耐久性、審美性が上がりました。

クリーニング

歯科医院で行う歯のクリーニングとは、歯科医師や衛生士によって行われる専門的なものを指します。ステイン(歯の表面にこびりついたコーヒー、茶渋、たばこのヤニ汚れなど)、歯や歯と歯の間、歯と歯ぐきのすき間の汚れを専用の器具などで取り除きます。
他の審美治療の前に行ったり、歯石除去と合わせて行ったり、日々のブラッシングでは取り除けない汚れを専門的に取り除きます。

治療の流れ

カウンセリング:患者さんのご要望を、コーディネーター、担当歯科医師がお聞きします
模型、写真撮り:治療前の患者さんの状態を記録し分析に入る資料作りをします
基礎治療 虫歯治療、歯周病治療、矯正治療など
診断用ワックスアップ:最終的な形を求めて模型上で再現検討
診断用モックアップ:口腔内にて最終形を再現、患者さんと検討へ
精密印象、咬合採得 精密な治療、型取り、咬み合わせ取り
口腔内試適、調整、仮着 最終修復物を調整、修正、必要とあれば仮着にて使ってもらう
最終修復物、最終セット 最新の接着法を用いて慎重に接着

診査診断について

1)形態分析

治療を始める前に、 現時点で問題となっている歯の疾患を明確にします
・不適合修復物…修復物が合っていない歯
・う歯(虫歯)…虫歯
・要根管治療歯…歯の根元に膿が溜まり炎症が発生している歯
・欠損歯…欠けてしまっている歯
・転位歯…理想的な歯並びに対して、ずれている歯
・動揺歯…ぐらぐらと動く歯
・要抜歯…抜歯する必要のある歯

2)顎機能分析

・側方運動、前方運動がうまくいっているか
・早期接触があるかないか
・正しく回転運動+滑走運動のできる顎間接になっているか
・歯軋り、食いしばりはないか
・咀嚼筋群の異常はないか
・模型検査

3)顔貌分析

骨格及び顔貌のレントゲン写真などから、顔に対して 歯がどの位置にあるのがより理想的かを見極めるための分析です。

4)歯と口唇の分析

リラックスした状態で、前歯の露出量を分析し、正面及び横顔から 適正な前歯の位置、長さを決定します。

5)口の中の分析(歯の分析)

それぞれの歯の長径、幅径、歯軸、歯間乳頭レベルなどを分析します。

6)歯の歯周組織の検査

プラーク付着の状態や歯肉からの出血、ポケットの深さ、歯の動揺度等を調査すると共に、エックス線写真を撮影して歯の周りの歯槽骨の状態を確認します。
この検査は、最初だけでなく、治療によって病気が治っているかを確かめるため、治療の節目でも行います。プラーク付着とポケットの深さの検査は、歯周治療を行う上で重要なポイントです。

メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログこだわり審美歯科専門サイトへ鈴木歯科医院インプラント専門サイトへ入れ歯をご検討されている方はこちら