歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは、歯と歯茎の隙間から細菌(原因菌)が入り込み、歯を支えている歯茎や骨、歯根膜などの歯周組織を壊していく病気で、歯肉炎と歯周炎に分けられます。その進行状況により 歯茎の発赤・腫れ・出血・口臭・歯のぐらつきなど様々な症状が現れます。
 しかし、自覚症状が少ないのが特徴でもあるため、本人が気づく頃にはかなり重症になっているという危険な疾患です。厚生省の調査によると、中高年の80%以上は歯周炎の症状を訴えており、歯を失う最大の原因が歯周病といわれています。

歯周病の症状と進み方

健康な歯茎

歯茎はピンク色でひきしまっています。歯を支える骨などの歯周組織も健全な状態です。

歯肉炎

歯茎だけの炎症で、歯茎が腫れて赤くなり、出血しやすくなります。
歯を支える骨にはまだ炎症は波及していません。

軽度歯周炎

歯茎の炎症が進み、浅い歯周ポケットができます。
同様に、歯を支える骨の破壊も始まります。
※歯周ポケットとは歯と歯を支える歯茎との間隙のことをいいます。歯周ポケットが深いということは、それだけで歯を支えている歯周組織が歯周病により壊されていることを示しています。

中度歯周炎

歯を支える骨の破壊が進み、歯がぐらつきだします。
また、腫れたり化膿しやすくなります。

重度歯周炎

歯を支える骨がほとんど無くなり、著しくぐらつき、咬めなくなります。

歯周病の原因

1)細菌因子:歯垢=プラーク                          
2)環境因子:喫煙、ストレス、口腔内への関心度
3)生体因子:年齢、遺伝、糖尿病などの全身疾患
 口腔内環境因子、歯ぎしりなどの外力


一番の原因は、歯垢(ばい菌の塊)です。歯面に付着した歯垢を取り除くための正しいブラッシングが何よりの予防法、治療法となります。
歯ぎしりやくいしばりなどの外力は、歯周病の進行に拍車をかけていくといわれてます。予防策として歯をガードするためのスプリント(マウスピース)を使用していただくこともあります。

当院における歯周病治療の流れ

一度歯の周囲の骨を溶かすほど進行してしまった歯周病は、基本的に症状が落ち着くことがあっても、骨が元の量に戻ることはありません。そのためできるだけ早期発見、早期治療が大切になってきます。

問診・カウンセリング

まずは、現在の健康状態やこれまでの経過など、今後治療を行っていく上で参考となる情報について患者さんからお話を聞きます。

歯周病の検査

レントゲンを撮って骨の状態を見たり、歯周ポケットの深さを測ったりして歯周病の状態を検査します。

抜歯(進行した歯周病)

回復不能と判断された歯は、無理に残しておくと健康な歯にまで悪影響を与える可能性があるので、早期に抜歯します。

プラークコントロール指導

歯周病の最大の原因はプラーク(歯垢)なので、正しいプラークコントロール(歯磨き)の方法を指導します。

歯石除去について

治療で取り除くのは、歯周病菌が表面に付着した歯石です。厳密には、歯石自体は内部が石灰化していて歯周病菌は活動できないため、ほぼ無害です。しかし歯石の表面の細かい凸凹の中には歯周病菌などの細菌が付着しているので、歯石ごとすべて取り除く必要があります。

スケーリング(主に初期の歯周病)

初期の歯周病では、歯石の付着している部分が歯茎の内部のごく浅い部分に付着しているため、超音波スケーラーやハンドスケーターなどを利用して 無麻酔で取り除きます。

 

スケーリング、ルートプレーニング(初期~中期の歯周病)

スケーリングだけでは、取りきれないような歯茎の少し深い位置にある歯石を麻酔を使用してから取り除き、さらに歯石が付いていた根の表面を滑沢な面に仕上げます。

歯石取り以外の歯周病治療法

〇噛みあわせ治療
噛み合わせが悪かったりして一部の歯に負担がかかっている場合、その歯(歯槽骨)が破壊され、歯を失う原因となりますので、噛みあわせのバランスを調整する治療が行われます。


〇歯ぎしり治療
歯ぎしりをしていると歯周病の症状が進行しやすいので、マウスピースなどを使用して歯ぎしりをなくす治療が行われます


〇詰め物・被せ物の修正治療
詰め物、被せ物の不適合がないかチェックし、不適法があれば修正する治療が行われます。詰め物、被せ物が適合するだけで歯垢(プラーク)が付着しづらくなり、また付着した歯垢(プラーク)を取り除きやすくなるため歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できるのです。


〇歯を連結する
歯がぐらつく場合や、咬み合わせの力に耐えられない場合には、数歯に渡って被せるなど連結し、歯のぐらつきを抑えることがあります。


〇薬(抗生物質)による歯周病治療
歯周病は『歯垢(プラーク)=歯周病菌=細菌の塊』に感染する病気なので、薬(抗生物質)を服用したり、直接、歯垢(プラーク)が溜まっている歯周ポケット内に挿入して増殖した細菌を減少させていく治療も同時に行われます。


〇生活習慣、食生活の改善
歯周病は感染症です。抵抗力が落ちているときは『細菌=歯周病菌』に感染しやすくなりますので、十分な睡眠、適度な運動、ストレス解消などは歯周病を治療していく上で欠かせないものです。
また歯周病と関係の深い『糖尿病』にならないような食事、よく噛んで食べるなど食生活を見直す事も必要になります。


〇歯の神経を取る
中期~末期の歯周病になると刺激による痛みをなくすため、歯の神経を取り除くことがあります。

外科的歯周病手術(中期~末期の歯周病)

中度、または重度歯周病などの場合は『スケーリング&ルートプレーニング』などの治療法では症状が改善されない場合があり、そのような場合には以下のような『外科的歯周病手術』が行われます。

〇歯肉剥離掻爬術(フラップ手術)
歯肉剥離掻爬術とはフラップ手術とも呼ばれ、歯周ポケットが深く『歯石/歯垢』を完全に除去できないような場合に、歯周ポケット自体を切除した後、歯肉を歯槽骨から剥がし、歯と歯肉の間に溜まっていた『歯石/歯垢』を除去した後、歯肉を元の位置に戻して縫合する手術法です。


〇歯周組織再生療法(エムドゲイン)
歯周組織再生療法(エムドゲイン)とは、『エムドゲイン(歯周組織再生誘導材)』というたんぱく質の一種を塗布することによって歯周組織の再生を図る再生治療、手術法です。手術法自体は上記の歯肉剥離掻爬術とほぼ同じで、徹底的に歯根面の汚染物質を除去し歯根面に処理剤を塗布、洗浄後、剥がした歯肉を縫合する前に歯槽骨に『エムドゲイン』を塗布することによって歯周組織の再生を図る治療法です。


〇組織再生誘導法(GTR法)
組織再生誘導法(GTR法)とは、骨が欠損してしまった部分の歯と歯肉の間に溜まっていた汚染物質『歯石/歯垢』を徹底的に除去し、骨の欠損部に人工の特殊膜を設置することによって歯周組織の再生を図る手術法です。


〇歯の分割治療・手術
臼歯(奥歯)の根元は2本、または3本になっている事が多いのですが、そのままでは根元の間に溜まった『歯石/歯垢』を除去する事が困難で炎症が治まらない場合、臼歯(奥歯)を2分割する事によって溜まった『歯石/歯垢(プラーク)』を除去し、改めて被せ物をやり直す治療、手術が適応になる場合もあります。


〇その他の手術法
歯周病は虫歯と異なりまだ治療法が完全に確立されておらず、また虫歯に比べて症状も複雑なため、上記以外にも1人1人の症状によってさまざまな手術が行われることがあります。


〇インプラント治療
重度歯周病などによって、歯周病治療の甲斐なく残念ながら歯を失ってしまった場合、今までは『入れ歯・ブリッジ』という選択肢しかありませんでしたが、最近では顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に歯を作っていく『インプラント治療』が行われる事も多くなりました。

 

 

歯周病の治療期間は?

〇初期歯周病の治療期間
歯の周囲の骨がほとんど溶けていない状態であれば、歯の周囲の歯石を取り除けば、元の状態に回復するため、概ね3~8回程度が目安になります。


〇中期歯周病の治療期間
歯の周囲の骨の一部が溶けてしまっている状態であれば、概ね2~6ヶ月ぐらいが目安になります。


〇末期歯周病の治療期間
歯周病が進行しているのに、それまで病院にほとんど行った事がない場合や歯の周囲の汚れや歯石が多く、ぐらつくなど症状が出ている場合には、治療にかかる時間も期間も長くなります。概ね4ヶ月~1年以上が目安になります。
歯周病が進行している場合は、そこまでなるのに何年もの時間が経過していることがほとんどです。そのため、ある程度進行してしまうと短期間で回復することが困難となり、治療期間が伸び気味になります。

 

さらに一度改善しても汚れが溜まればまた症状が現れるため、維持できなければ、再び治療が必要となります。末期の歯周病では、完治後にもメンテナンスが必要となるため、治療終了がはっきりしにくくなるのが普通です。

メンテナンスの重要性

歯周病は再発しやすい疾患です。歯周病を治療し、めでたく完治した場合でも、1度歯周病になった人は残念ながら再び歯周病になってしまう可能性が高いので、再発を防ぐためにも『歯周病治療後のメンテナンス』が非常に重要となります。
正しい歯磨きの仕方はもちろん、健康的な生活習慣、食生活を送り、出来れば2,3ヶ月に1回、最低でも半年に1回は歯科医院で定期健診を受けて、歯周病を予防する事が何よりも大切です。日常生活においては歯ブラシ等により自己管理することがきわめて重要となります。
歯周病は口の中の治療だけでなく、生活習慣、食生活なども併せて見直し 改善していかなくてはならず、自分自身でも歯周病を治すための努力が非常に重要なのです。

ウィークポイントになりやすい場所

皆さんは自分の口の中で、歯周病が進行しやすい場所をご存知ですか? 歯周病はただ漫然と歯磨きしてもなかなか予防できません。歯周病になりやすそうな自分だけの「ウィークポイント」を探して、そこを重点的に予防していく方が効率的です。
以下のような部分は、歯周病が進行しやすいウィークポイントと考えられます。


・歯と歯の間
歯と歯の間は、歯並びが綺麗であっても歯周病になりやすい要注意ポイントです。


・歯並びの最後方
奥歯の最後方は、親知らずがあればトラブルの原因になるので、意識して磨くようにしましょう。


・歯並びが凸凹した部分
歯並びが乱れている部分の歯と歯の間は、虫歯だけでなく歯周病に対してのリスクが高くなります。


・歯に物が挟まりやすい部分
歯と歯の隙間が「緩い」状態だと、食べ物などが歯に挟まりやすくなります。物が挟まった状態は歯周病が急速に進行するため、毎日必ず取り除きましょう。


・以前腫れたことがある場所
歯周病は腫れを繰り返すことが多いため、一度腫れてしばらくしてから治った経験がある場所は、要注意ポイントです。

 

実際に歯周病は、歯と歯の間から起こるのが多く見られます。前歯は歯の厚さが薄いので表と裏側から歯ブラシを当てれば、歯の間の汚れも取れやすいですが、奥歯は歯の厚さが厚く表や裏からだけでは毛先が届きにくいのも一つの原因だと思います。
30代を過ぎて、歯茎が少し下がってきたようであれば、歯間ブラシを使用して歯と歯の間に汚れを溜めないようにしましょう。また極端に歯の間が狭いような場所は、デンタルフロスなどを使用すると綺麗になります。

歯周病は、薬では治せません。薬は症状を抑える対症療法のみで、原則は原因となっている歯周病菌を器具を用いて機械的に取り除く原因除去療法が行なわれます。

オススメは定期健診!

〇パノラマレントゲン
レントゲンで見ると歯周病の進行がわかりやすい
歯周病予防で最も効果的なのは病院などでの定期健診です。次のようなことは歯周病予防に役立ちます。


〇咬み合わせ調整
咬み合わせ不良は、自分では気がつきにくく、発見が遅れがちです。咬み合わせ不良は、自然に歯が削れたり、移動したりとごく僅かな変化が蓄積して起こります。歯に負担が加わると、歯周病の進行を加速的に悪化させる原因となります。


〇歯石取り
歯周病はできるだけ早い段階で歯石を取る方が、治療時の痛みや出血が少なくて済みます。歯石を取りすぎても歯が削れるような心配は必要ありません。


〇レントゲンチェック
歯周病かどうかの最終判断は、レントゲンを見て、歯の周囲の骨が溶けてなくなっているかが大きな判断材料になります。レントゲンは、歯周病の発見や進行を把握するのに役立ちます。


〇歯磨きチェック
自分では毎日きちんと磨いているつもりでも、磨き残しとなっている場所が意外と見つかるものです。早めに気づくことは歯周病の予防につながります。

 

定期健診は歯周病を予防するための切り札と言っても過言ではありません。歯科医院を上手に利用しながら、自分の歯は自分で守るようにしましょう

正しい歯磨きの仕方(方法)

歯周病治療、予防の基本は『正しい歯磨き(ブラッシング)』です。正しい歯磨きによって歯垢を取り除く事は可能です。
単に強く磨いたり、長く磨いただけでは歯や歯の周りに強力に付着した歯垢(プラーク)を完全に除去する事はできず、逆に歯や歯茎を傷つけてしまうこともありますので注意が必要です。
歯垢(プラーク)を確実に除去し、歯周病を予防、治療効果が上がる歯磨きの方法は、歯科医院で、歯科衛生士に直接、指導してもらう事が1番です。
口の中、歯並びは1人1人違いますので、適した歯磨きの仕方も1人1人異なるからです。
特に毎日、または毎食後に歯磨きをしているにもかかわらず虫歯になりやすかったり、歯周病になってしまった方は歯磨きの仕方に問題がある可能性が高いので、1度、歯医者で正しい歯磨きの仕方を指導してもらい、実践するようにしましょう。

電動歯ブラシについて

普通の歯ブラシで歯を磨くだけでも十分、歯垢(プラーク)を除去する事は出来るのですが、どうしても手で磨くと磨き残しが多くなる場合もありますので、そのような場合は『電動歯ブラシ』を利用するのも1つの方法です。
最近の電動歯ブラシの性能には素晴らしいものもあり、多くの場合、手で磨くよりも歯垢(プラーク)を除去できる効率が高いのですが、その機種によって適正な磨き方が違うので注意が必要です。
最近人気があるのが、歯垢(プラーク)除去性能が高いといわれている『音波電動(振動)歯ブラシ』です。手では不可能なほどの高速振動で、手の歯磨きでは届かないような歯と歯の間の歯垢(プラーク)までも高速振動で除去できるといわれていますので、虫歯になりやすい人、歯周病になってしまった人はお試しになってみてはいかがでしょうか。当院では、診療時にその方に合った電動歯ブラシの選び方、使い方のご指導など電動歯ブラシについてのご相談も承っております。

歯磨き粉について

最近では様々な成分を配合した歯磨き粉も販売されていますので、『どんな歯磨き粉が適切か』などご相談下さい。

歯間ブラシ・デンタルフロス

歯磨きだけで歯と歯の間などに付着した歯垢(プラーク)を完全に除去し切れない場合には、『歯間ブラシ・デンタルフロス』などの補助用具を使用することも必要です。
歯茎や歯肉を傷つけず、効果的な使用法をご指導させて頂きます。

歯磨きはいつ行う?

可能であれば毎食後の歯磨きが理想です。最低でも朝食後と夜寝る前の2回は丁寧に歯磨きをしていただきたいと思います。

正しい歯磨きや歯間ブラシ、デンタルフロス等の正しい使用により、ある程度の歯垢除去は可能ですが、歯磨きでは除去できない歯垢が時間経過とともに歯石となり、ばい菌の格好の棲家になってしまいます。
ですから、2,3ヶ月に1回、最低でも半年に1度は歯科医院で定期健診を受けて、『正しい歯磨きが出来ているか』『歯石は付着していないか』『咬み合わせに不具合は出ていないか』などをチェックしてもらい、メンテナンスを行なう事が非常に大切になります。

歯垢(プラーク)は食事をするたびに歯や歯の周りに付着していきますので、歯周病治療は歯科医院に任せっきりにするのではなく、日頃からご自分でも正しい歯磨きなどで積極的に治療に参加することがとても大切です。

『主に歯周病、虫歯を予防すること』に重点を置いた治療『PMTC』

当院では、治療計画がすべて終わって定期健診に移行するとき、定期健診にご来院いただきクリーニング等が終わり、定期健診に移行するとき『PMTC』を行っております。

PMTCとは?

歯磨きだけでは取り切れない歯垢(プラーク)、特に『バイオフィルム(歯にへばりついた細菌の塊)』を 歯科医院で専用の器具を使って除去してもらうのが『PMTC』です。

ただPMTCは、歯石を除去する方法ではないので虫歯、歯周病予防、または歯周病の治療が終わった人を対象にした治療となります。

 PMTCの目的

・歯周病、虫歯予防・歯質強化・歯に付着した着色汚れを落とす・口臭予防

PMTCの流れ

・お口の中の状態、磨き残しをチェックする。
・専用器具を使って歯の表面はもちろん、歯と歯の間、歯肉(歯茎)に隠れた歯垢(プラーク)を除去する。
・歯の着色汚れなどを専用器具、薬剤を使用して磨き上げ、歯を綺麗にする。
・1本1本の歯の表面にフッ素を塗り、丁寧に磨くことにより細菌を付着しづらくして、虫歯・歯周病を予防する。

メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログこだわり審美歯科専門サイトへ鈴木歯科医院インプラント専門サイトへ入れ歯をご検討されている方はこちら