入れ歯(義歯)治療

総入れ歯とは?

自分の歯がまったくない場合に使われるのが総入れ歯です。
総入れ歯は床(しょう)と呼ばれるピンク色の土台(合成樹脂)の上に人工歯が並んでいて、噛み合わせや、審美を回復させる目的で使います。
総入れ歯は、口の中に固定するための部分がないので、入れ歯と歯茎の吸着力だけが頼りです。

部分入れ歯とは?

部分入れ歯は、抜歯後の粘膜に人工歯のついた床を乗せて支え、残った歯に「バネ(クラスプ)」をかけて安定させるものです。欠損が1本だけの場合から、歯が1本しか残っていない場合まであります。
バネをかける歯を「鉤歯」、または「維持歯」といいます。ブリッジは抜いた歯の両隣の歯(支台歯)を多く削って被せるのに対して、部分入れ歯は鉤歯を少し削るだけですむのが利点です。ブリッジが設計できないような何本も欠損がある場合にも適応できます。

ただし材質、治療法によっては、ブリッジに比べて安定性が劣る、バネなどによる違和感があり、食べ物がつまりやすいなどの欠点があるものもあります。

入れ歯の治療法

 【1回目】診査診断

まず、最初に患者さんに現在の状態をお聞きします。また、現在使っていらっしゃる入れ歯をチェックし問題点、状態をチェックします。
今使っている入れ歯に問題点が多く、日常的に噛めないような痛みが強い、外れやすいなどの問題が多い場合には、応急処置修理をする場合もあります。
次にお口の中の診査を行ない、どのような方法で入れ歯を作るのが良いかを検討し、治療の予定をたてます。
診査診断のために簡単な型採りをすることもあります。
部分入れ歯の場合、残っている歯にむし歯や歯周病がある時には、まずその治療を先に行ってから部分入れ歯の治療に入ります。

【2回目】型採り

トレーと呼ばれる枠を用いて、お口の中の精密な型採りを行います。治療法や使う素材により型取りの方法がいろいろとあります。時間のかかる作業です。

 【3回目】咬合採得、人工歯選択

咬合床(こうごうしょう)と呼ばれるロウで出来た器材を使って、上下の噛み合わせの記録を採ります。上下・前後・左右の位置、高さ、歯並びの幅、中心線等を決めます。
口元、口唇の幅、骨格、顔貌、顔の大きさ、残っている歯の大きさなどから、人工歯の形、大きさ、色、素材等を決めていきます。

【4回目】試適

ロウで出来た入れ歯を口の中に入れて、選んだ人工歯の色や形、並び具合や噛み合わせ等をチェックします。ずれが見つかった場合の修正や、人工歯の交換をします。何度か試適をすることもあります。

【5回目】完成、装着

出来上がった入れ歯をお口の中に入れ、咬み合わせの微調整をします。この後、調整期間に入ります。

【6回目】調整

実際に使っていただいた上で、お食事の時やお話をした時どうであったか、外れやすかったか、痛みはあったか、しゃべりやすかったかどうか などをお聞きします。又、噛みぐせに対してどうであったか、うまく食事が食べられたか、などの使用感の聞き取りを行い、さらに微調整をしていきます。

■日頃のお手入れ

食後は入れ歯の内面や外側に食べかすが溜まります。
その食べカスをそのままにしておくと、細菌によって入れ歯の内側の歯茎が炎症をおこしてしまうので、原則として毎食後入れ歯をはずしてのお掃除が必要です。

入れ歯本体は、歯磨き粉をつけずに水をかけながら 入れ歯用ブラシを使って食べかすを洗い流して下さい。 また、洗うときには入れ歯を落としても壊れないように、下に洗面器やボウルなどの容器に水をはっておくようにしましょう。
寝る時は原則として、入れ歯をはずしてください。そうしないと歯茎が休まらず炎症を起こしてしまったり、歯茎に病気を起こしてしまう恐れがあります。
保管時には、保管容器に水をいれて その中に入れ歯を入れて下さい。入れ歯は乾燥すると変形、ひび割れを起こしてしまうこともあります。又、保管容器に市販の入れ歯洗浄剤を入れることにより、入れ歯の臭いや細菌、茶渋、タバコのヤニなどを落とすのに効果があります。

総入れ歯(義歯)の調整

総入れ歯は、素材、治療法によっていろいろな種類があります。その方の歯茎の状態、形、咬み合わせ、患者さんのご要望によって使い分ける必要があります。

痛いところがあれば、来院時に調整を行います。難しい症例の場合には、かなりの回数通って頂く必要がある場合もあります。新しい道具(入れ歯)に慣れるまでには それぞれ大なり小なりの時間が必要になります。はじめから何でも食べられるというわけにはなかなかいきませんが、徐々に安定してきますのでご安心下さい。

また、新しい入れ歯に口の筋肉が戸惑ってしまって、変に緊張していたりすると口元の感覚もおかしくなることがあります。調整が進み、新しい入れ歯に慣れてくると入れ歯の安定もよくなり、使用感がぐっと増してきます。

変化を観察しながら調整していくことが重要ですので、その間は柔らかい物や小さく切ったものを召し上がるようにして下さい。慣れてきたら徐々に堅い物や大きめのものを食べてみましょう。

入れ歯が合わないから、通院が面倒だから、といってご自分で削ったり何かを足したりすることは絶対にお止め下さい。
折角の入れ歯が破損してしまったり、調整が出来なくなってしまって、作成し直さなくてはならないことになりかねません。
調整は、ご自分でなさらずに 必ず医院でやってもらうようにしましょう。

 

メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログこだわり審美歯科専門サイトへ鈴木歯科医院インプラント専門サイトへ入れ歯をご検討されている方はこちら