2017.02.08更新

2月25日(土曜日)14:30~

東京MXテレビ「スーパードクター」に鈴木院長が出演します。


昨年12月17日に当院で撮影が行われました。

通常通りの診療体制でしたので、来院されていた患者様複数名には撮影にご協力頂きました。

テレビ局からの質問に対してはコメントを頂いたりもしましたが、撮影に関わった方も 撮影には直接関わらなかった方も、皆様には大変快くご協力頂き、本当に有難く心より感謝しております。

 

又、この日の診療後には、当院で普段から行われている研修のほんの一部ではありますが、春から入社する新人ドクターの研修の様子も撮影されました。

 

このように、おかげさまで、診療の様子、通院頂いている患者様のリアルな感想、医院の空気感、歯科医院としての姿勢、院長の想いなど たくさん「鈴木歯科医院」を感じていただける番組が放送されます。

 

ご覧頂けましたらご感想などもお聞かせいただけると嬉しいです。 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

投稿者: 鈴木歯科医院

2012.10.19更新

鈴木歯科医院では院内のサービス向上のため
患者様の満足度アンケートを開始しました。

日ごろ治療を受けていただいている患者様に
治療に対してや、説明、スタッフの対応、院内の清潔さなどに関しての
満足度を5段階で評価していただきます☆☆☆☆☆

また、改善してほしい点や、良かった点などを
自由にコメントしていただくこともできます。


アンケートは受付カウンターに設置してあります。
90秒ほどで終わる簡単なものなので来院された際にはご協力お願いいたします。





アンケートにご協力いただいた方には
抽選でQUOカードが当たりますのでお楽しみに!


そして、アンケートの集計結果は
歯科医院の紹介サイト【e歯医者さんドットコム】
にてアップされますので是非ご覧ください。




スタッフ一同、治療技術や接遇の向上に励んで参りますので
忌憚なきご意見や、励ましのコメントをお寄せください。

今後ともよろしくお願いいたします。


鈴木歯科医院

投稿者: 鈴木歯科医院

2012.02.20更新

こんにちはクリニカルコーディネーターの大井です。

先日『食事指導勉強会』というものに参加してきました。

わたしは日々の診療で患者さんに対して
ブラッシングの指導をさせていただいています。
そしてブラッシングが上手にできるようになると
炎症を起こしていた歯茎も改善してくることを実感しています。

しかし、稀にブラッシングだけでは改善されない患者さんもいらっしゃいます。
そういったケースはブラッシングだけの問題ではなく
食事の乱れ砂糖の摂りすぎが原因になっているのではないか?


これが、今回の勉強会のテーマでした。


ストレスなどから甘いお菓子を過剰に摂取したり
忙しくてコンビニのお弁当菓子パン
などを
食事代わりにしていたりする方は多いのではないでしょうか?

このような食事スタイルの方たちは
唾液がネバネバになってしまっているのが特徴です。

いくらブラッシングが上手にできていても
歯茎が腫れてしまったり、歯茎から出血しやすかったりと
歯周病の症状が出てしまうのです。

そういう場合、甘いものを食べないようにしてもらうと
不思議と唾液がサラサラになり
年月が経つにつれ歯茎が健康な状態になってくるのです。

以前もブログで紹介しましたが
皆さんは『1日のおやつで摂取してよいとされる砂糖の量』
どのくらいだと思いますか?

答えは8gのスティックシュガーにして3本分です。

ところが普段気にしないで口に入れている...
炭酸飲料500mlは7本分
野菜ジュース(果汁入り)200mlは2本分
スポーツドリンク500mlは4本分


意外と砂糖がたくさん入っているんですね!!

詳しくは→鈴木歯科ブログ【おやつに含まれる砂糖の量は?】


さらに、3歳未満の乳幼児の場合は
まだ味覚もわからない段階なので
基本的には砂糖を与える必要はないのです。


また偏った食事もお口の健康だけでなく
体全体の健康にも影響を与えます

主食(ごはん、パン、麺類など)
主菜(肉、魚、卵、大豆などの料理)
副菜(野菜、芋類、海藻などの料理)
これらをバランスよく食べるようにしましょう♪

私もまずは甘いおやつを減らし
食事の品目を多くしてバランスのよい食事を心がけたいと思います♪

大井淳子

関連ブログ【クリニカルコーディネータとは?】

投稿者: 鈴木歯科医院

2012.02.15更新

2月11日(祝)に鈴木、吉田の2名のドクターがインプラント学会に出席いたしました。

OJ (Osseointegration study club of Japan)
2012年ミッドウインターミーティング





以前もお伝えしたように今回の学会は
日本全国のインプラントの勉強グループが集合して
最新のインプラント治療に関する情報交流をするものでした。

全国の著名な先生方がインプラント症例をもとに
インプラント治療の最前線について講演されました。

現在、インプラント治療は特別なものではなく
多くの方々が受けられていて
その治療法や術式等も確立されてきています。

『咬めるようになる』というのは当然のこととなり
今後のインプラント治療の大きな焦点は

『前歯のインプラントを本物の歯と同じように
より審美的に行うこと』

『コンピュータガイドシステムによる手術で
より正確で安全なインプラント治療を行うこと』


この2点に全国の先生方は力を注いでいます。


当院でもこういった治療には力を入れていて
コンピュータガイドシステムによるガイデッドサージェリーは
非常に多くの症例に応用しています。

詳しくは→【Dr.鈴木のこだわり】『ガイデッドサージェリーとは』


また、最近では審美的なインプラントを希望される患者さんが
多くなってきています。
歯を抜く前のケアから歯茎の形態修正にまでこだわり
審美的な治療にも最善を尽くしていますので
満足していただけるのではないでしょうか。

これからも、常に最前線の治療技術を
患者さんにご提供できるようスタッフ一同努力していきますので
インプラントをご検討の方はお気軽にご相談ください。

投稿者: 鈴木歯科医院

2012.02.07更新

みなさんこんにちは、中央区築地の鈴木歯科医院です。

2月に入って寒い日が続いていますが
体調を崩したりしていませんでしょうか?

さて、来週2月14日はいよいよバレンタインデーですね♪
鈴木歯科医院では毎年バレンタインシーズンに
来院された患者さんにチョコレートをお渡ししています。





歯医者でチョコレートと言うと変な感じがするかもしれませんが
お渡ししているチョコレートはなんと
キシリトール100%!

みなさんご存じのとおりキシリトールは
代用甘味料と言って、砂糖のように虫歯の原因にならないのです
だから安心して召し上がってくださいね♪




注:2/8~14の期間にお渡しする予定ですが
チョコレートがなくなり次第終了いたしますのでご了承ください。

投稿者: 鈴木歯科医院

2012.01.31更新

今日は鈴木歯科のクリニカルコーディネーターについてお話します。

みなさんは歯科治療に通っているときに
こんなふうに感じたことはないでしょうか?

『治療内容や治療計画についてもっと詳しく知りたいけれど
先生が忙しそうで聞くことができなかった』

『保険診療や自由診療の相談をしたいけれど
恥ずかしくて聞くことができなかった』

『治療の要望を伝えたかったけれど
先生が怖くて直接言うことができなかった』


このように歯科医院は慌ただしいイメージもあり
また、歯科医師もマスクをしていてるため
患者さんからすると相談しづらいことがあるかもしれません


そこで、鈴木歯科医院ではクリニカルコーディネーターシステムを導入しています。


クリニカルコーディネーターとは患者様と歯科医院の関係を
良好に保つために橋渡しをするコミュニケーションの専門家です。

当院では初診時に必ずクリニカルコーディネーターが立ち合い
治療に対するご要望や不安、相談したいことを伺うようにしています。



そして、その内容をクリニカルコーディネーターが歯科医師に伝えることで
治療を安心してスタートしていただけるのです。

また、治療の途中で相談したいことがあるときなども
クリニカルコーディネーターが常に在籍しておりますので
いつでもお声かけください♪




投稿者: 鈴木歯科医院

2012.01.27更新

今日は皆さん大好きなおやつに関してお話します。

毎日何気なく食べているおやつにも
その種類によって虫歯の原因になりやすいもの、そうでないものがあるのです。

おやつにはどのくらい砂糖が含まれているのでしょうか? 
そして、どのような食べ物が虫歯になりやすいのでしょうか?
  
虫歯の原因になりやすいおやつを知って、上手におやつを食べましょう! 


虫歯の原因になりやすいおやつの特徴は...
①砂糖が多く含まれているもの (ジュース、ケーキなど)
②飲み込むまでに時間がかかるもの (キャラメル、キャンディなど)
③口の中に残りやすいもの (チョコレート、チーズなど)

      



おやつに使われている砂糖の量を
スティックシュガーの本数で換算してみると以下のようになります。
意外とたくさんの砂糖が使われていることがわかりますね。
 
コーラ 5本  
ショートケーキ 3・5本
チョコレート  2本
カステラ(100g) 4・5本
ポカリスウェット 3本
プリン 1・5本
あんぱん 3・5本  
オレンジジュー 2・5本  
キャンディ  1本


ちなみにおやつで摂取する砂糖の目安は1日あたり
スティックシュガー(8g)3本分と言われています。

おやつを食べていけないわけではなく
食べるおやつの選び方や食べ方を工夫してみるといいかもしれませんね。 
    
おやつを食べるポイントは
○ おやつの時間や回数を決めましょう(1日1回) 
○ ダラダラ食べはやめましょう   
○ 飲料はなるべく水、お茶、牛乳にすると良いでしょう

健康な歯を維持しながら、おいしいおやつをいただきましょうね♪ 

投稿者: 鈴木歯科医院

2012.01.25更新

中央区築地にある鈴木歯科医院では
患者さんとのコミュニケーションを大切にしながら
最新かつ最善の治療をご提供できるようにスタッフ一同取り組んでいます。

現在治療中の患者さんも、これから歯科治療を受けようと思っている方も
歯科治療に対してたくさんの不安を抱えていると思います。

『歯科治療は複雑で難しい』
『歯科治療は怖くて不安、先生とゆっくり相談して進めたい』
『治療の選択肢やメリット・デメリットをちゃんと理解したい』


そう言った声に少しでもお答えするべく
鈴木歯科医院では役立つ歯科情報を配信する
『鈴木歯科ブログ』を始めることにしました!

このブログを通じて、皆様の歯科に対する不安や疑問が少しでも解消され
安心して歯科治療を受けていただければ幸いです。

取り上げてほしいテーマやご相談がありましたら、いつでもお問い合わせください。

投稿者: 鈴木歯科医院

メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログこだわり審美歯科専門サイトへ鈴木歯科医院インプラント専門サイトへ入れ歯をご検討されている方はこちら