2012.09.27更新

歯科医院において、クリニカルコーディネーターは、
なぜ必要なのだと思われますか。


歯科医師が忙しく、
患者様に十分に説明する時間が持てないからなのでしょうか。

それとも、クリニカルコーディネーターにしか
担えない立場というものがあるからなのでしょうか。


患者様のご年齢や、
歯科医院での治療の経験などでも、
治療のご提案方法は変わってきます。


いわば、患者様が10人いれば10通りの、
100人いれば100通りの
コミュニケーション方法があると言えます。


それだけに、患者様の歯科治療に対する考えも千差万別です。


患者様により分かりやすく、
納得していただけるご説明・アプローチを行えるのは、
患者様のこれから先の健康のことを
誰よりも慮るコーディネーターだからこそ、
成せる技だと言えましょう。


治療の価値を伝え、
患者様がご自分から進んで通院してくださる
歯科医院となるためには、
クリニカルコーディネーターの存在は必要不可欠と言えるのです。

投稿者: 鈴木歯科医院

2012.09.26更新

必要に迫られなければ、
歯に痛みが出なければ歯科医には行きたくない、
そう考える方もいらっしゃるでしょう。

確かに、かつての歯科医の治療は、
痛みに耐えるだけのものだったかも知れません。

しかし虫歯は、痛みを感じるころには、
かなり進行している場合が多いものです。


私達といたしましては、口腔内に違和感はなくとも、
ぜひ定期的にメンテナンスを
受けていただくことをお勧めいたします。


虫歯は初期の発見で、
治療も軽く済む場合が多いものです。


クリニカルコーディネーターとしては、
治療の痛みやつらさを抑えながら、
快適に治療を受けていただくためのご提案もしています。


ぜひ、何でもお気軽にご相談ください。

また、治療がすべて終了してからも、
その後のメンテナンスが大切です。


歯は直接生命に関わるものではないので、
治ったらそれで終わり、
という考えになりがちかも知れません。


しかし、歯は命にかかわると言っても過言はない程、
健康と密接に結びついているのです。


定期的にご相談していただくことで、
クリニカルコーディネーターとは
末長くお付き合いしたいと感じていただけるよう、心より願っております。

投稿者: 鈴木歯科医院

2012.09.20更新

クリニカルコーディネーターは、生涯にわたって、
皆様の歯の健康をサポートさせていただくのが役目です。

患者様に、自分自身の歯で食事ができる
素晴らしさを伝えること。

患者様に最もベストな治療法を提案する。
これは、簡単な様でありながら、
実はなかなか難しいことなのです。


歯の健康は充実した生活を約束する
と言っても過言ではありません。


それほどに歯は私達にとって
大切な部分でありますが、
残念なことに、歯が健康なうちには、
その幸せを実感できないのが
実情かも知れません。


コミュニケーションの専門家である
クリニカルコーディネーターとしては、
心から満足、納得していただけるよう、
患者様のご要望を親身になって
お聞きしてまいります。


当院を受診してくださった全ての患者様に、
これからもずっと通院したい
と思っていただける歯医者を目指し、
日々頑張ってまいりたいと考えております。


皆様からも何でもお気軽にご相談いただければ、幸いでございます。

投稿者: 鈴木歯科医院

2012.09.13更新

以前もお話をさせて頂いたことがありますが、
クリニカルコーディネーターは専門的な治療のご相談だけでなく、
基本的なブラッシングの相談もさせて頂いております。


ご相談の中には、きちんと歯を磨いているのに、
虫歯になってしまうという方がかなり多くいらっしゃいます。


これは、自分では時間をかけて隅々まで磨いているつもりでも、
実は歯と歯の間の歯垢が取りきれていなかったり、
磨き残しがあったりする場合が多いものです。


歯並びがひとりひとり異なる様に、
歯ブラシの選び方や歯の磨き方も
人それぞれの適した方法があります。


歯ブラシの選び方や歯間ブラシやフロスなどの
清掃機具の選び方もアドバイスさせていただきます。


時々は歯垢が残っているかを確認する
染め出し液も上手に利用し、
どの辺りに磨き残しが多いかをチェックできるといいですね。


普段、何気なく行っている歯磨きも、
歯の健康にとっては非常に大切なことです。



虫歯を未然に防ぐためにも、
自分に適した磨き方や歯ブラシに関して、
ぜひクリニカルコーディネーターにお気軽にご相談いただければと思います。


投稿者: 鈴木歯科医院

2012.09.07更新

クリニカル・コーディネーターは、アメリカの矯正歯科の
専門医院から生まれた、専門職なのです。


日本では、まだ聞きなれない言葉かも知れませんが、
クリニカル・コーディネーターは歯科医院に訪れる方々の
症状や要望を的確に聞き、
歯の痛み・治療に対する不安や恐怖を和らげるという、
重要な立場を担っています。


歯の痛みや悩みは、患者様ご本人しか分からないことです。
ひとたび治療室に入れば、なかなか歯科医師に面と向かって、
自分の治療の要望を納得ゆくまで伝えることは難しいかも知れません。


その様な場合において、あらかじめクリニカル・コーディネーターが
親身に相談に乗り、患者様の心に寄り添うことで、
歯科医師はお客様に喜んでいただける施術を
効率よく行うことができるのです。


今や、歯に関するトラブルは、
歯科医師だけが解決する時代ではありません。

これからもクリニカル・コーディネーターと二人三脚で、
皆様の健康な歯と笑顔のために頑張って行きたいと思います。

投稿者: 鈴木歯科医院

メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログこだわり審美歯科専門サイトへ鈴木歯科医院インプラント専門サイトへ入れ歯をご検討されている方はこちら