2012.03.28更新


こんにちは院長の鈴木です。

今日は審美治療に関係があるお話をしようと思いますが

その前に、歯科医院では歯を番号で呼ぶことをご存知でしょうか?
もしかしたら治療中に『右上の6番が...』といった言葉を
聞いたことがある方もいるんじゃないでしょうか?

歯の呼び方は様々ありますが
私たちが日ごろの診療で用いているのは下図のような呼び方です。






真ん中の前歯(1番)から後ろにいくにしたがって数字が大きくなります
右上の6番とは右上の第一大臼歯のことになりますね。
ちなみに8番は親知らずです。

このように簡略化して呼んでいるのですが
審美治療でもっとも重要になってくるのが上顎の左右1番なのです。

タイトルにもある『1、1』とはこの上顎左右1番1番のことを
さらに簡略化して呼んだものです。


上顎の前歯はその人の口元を印象づける大切な役割があります。

歯の形や色調はもちろんのこと
歯の傾き具合や表面の凹凸、隣の歯との位置関係、下の歯との重なり方
そして笑った時の唇のラインからの見え方など
さまざまな要因が関係してくるのです。

角張った大きな前歯は男性的に見えたり
丸みのある前歯は女性的に見えたりします。
また、気が強そうな性格に思えたり
繊細そうな性格に思えたり...。
その方の印象を決めてしまうことも有ります。






だから、我々が前歯の治療を行うときには
1人1人に合った色や形など細かいところまでこだわる必要があるのです。

セラミックの審美治療はもちろんのこと
治療途中の仮歯の形にもこだわっています。


【関連記事:仮歯へのこだわり】


また入れ歯の人工歯でも歯のバリエーションはたくさんあります。
金属床義歯やノンクラスプデンチャーなどの保険外の義歯は
人工歯も幅広く選べるので、その方の性別や年齢、顔貌などに合わせた
自然で綺麗に見える歯を選択することができるのです。


鈴木 久史

投稿者: 鈴木歯科医院

2012.03.08更新

こんにちは院長の鈴木です。

今日は先日参加した
インプラントのプランニングセミナー』
ご報告をしたいと思います。

まずプランニングセミナーについてお話ししましょう。

インプラントの治療計画を立てるときに重要になってくるのが
インプラントのポジショニングです。

つまり、どのようなインプラントをどういった位置に
どの角度で、どの深さまで埋入するのかといった
インプラントの埋入位置のシミュレーションです。



【関連記事:CT検査の3Dシミュレーション】



しかし、インプラントの埋入位置の設定は
歯科医師によって十人十色
当然、微妙な差が生じますし
歯科医師の考え方によっても異なります。


本来、インプラントのポジショニングというものは
歯科医師1人で決定するよりも
多数の歯科医師が客観的に検討するほうが
理想的な埋入位置が設定できると言えるでしょう。


今回参加したプランニングセミナーが
まさにそういったインプラントの症例検討会なのです。
日々インプラント治療をされている先生方が
インプラントのポジショニング設計を発表し
大勢の歯科医師で意見を交換しています。


私は毎月必ずプランニングセミナーに出席しています。
そして、難しい症例がある場合は
自分の治療計画案を発表し
多くの先生方の意見をいただくようにしているのです。







それでは、今回のプランニングセミナーのご報告をいたします。

今回のプランニングセミナーは普段より大きな会場であったのにも関わらず
多くの出席者でいっぱいになっていました。

職種も歯科医師ばかりでなく、歯科技工士や歯科関係者もいらっしゃっていたそうです。

今回、私が発表した症例は難しいサイナスリフトを予定している症例でした。

サイナスリフトとは上顎の奥歯にインプラントを埋入したいときに
骨の量が足りない場合の骨の造成手術のことです。
上顎の骨の裏側には上顎洞という副鼻腔(空洞)が広がっていますが
その空間を利用して骨の造成を図る難易度の高い手術法です。


今回は想定しているインプラントの先端部分に上顎洞の斜面が位置し
さらに、すぐ近くを動脈が通っているという難しい症例で
サイナスリフトを行うのと同時にインプラントの埋入も予定しています。


骨質、動脈の位置、当該部分の上顎洞の形を検討した結果
ピエゾサージェリーという骨を削るための最新の器械を使用し
バーティカルアプローチという手法でサイナスリフトを行うことにしました。
もちろん確実性を高めるためにサージカルガイドを使用します。




【ピエゾサージェリー】


やはりプランニングセミナーは他の先生からの
手術での注意点やアドバイスを頂くことができるので
たいへん有意義な時間でした。


みなさんには聞きなれない言葉ばかりで難しいかもしれませんが
インプラントの計画において大事なことは以下の2点だと思います。

・術前のCTデータ上での治療計画において
骨や歯肉の状態の変化や上に入れる補綴物の審美性などをしっかりと考慮すること

予想されるさまざまな可能性を検討しながら
練に練った治療計画が必要です。

・そして、そのシミュレーションを正確に手術に反映させるための
精度の高いガイデッドサージェリーを行うこと

今後、安全で正確なインプラント手術には
このガイド手術が必要不可欠になってくるでしょう。





『ガイデッドサージェリー(Guided Surgery)は
無切開無痛手術 ( フラップレス術式 )を安全に行うための手術法』
と捉えている先生方も多いようですが
そういった面だけでなく、より正確な埋入手術を行うための
ドリルガイド、埋入ガイドとしての使い方が
これからのより高度で精密な手術においては必要とされるのかもしれません。


過去1年間に当院で行われたインプラント手術のうち
76%の症例でガイデッドサージェリーが行われました。

【関連記事:安全で確実なインプラントのガイド手術】

鈴木 久史

投稿者: 鈴木歯科医院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログこだわり審美歯科専門サイトへ鈴木歯科医院インプラント専門サイトへ入れ歯をご検討されている方はこちら