2012.02.22更新

こんにちは院長の鈴木です。

今日は歯の治療途中に使っていただく
仮歯についてお話したいと思います。

仮歯というと皆さんご承知の通り
歯を削ったりした場合に本物の修復物が入るまで
代わりに使っていただくプラスチックの歯のことです。

虫歯を削って、型取りをして本物の歯が入るまでの間
そのままでは汚れがついてしまいますよね。

また、ブリッジや被せものなどでは
歯の形が削って小さくなっているので
見栄えも良くないし、喋ったり食べたり出来ません。


そして前回お話をした審美治療にかかせない
『パピーラ』の形を整えるためにも
この仮歯がとても重要になってくるのです。


関連記事:【パピーラのお話】


だから『仮』とは言っても、仮歯はとても大事なものなのです。
当院ではこの仮歯にもこだわって治療を行うことで
その後の本物の歯も良好に使っていただけると考えています。


仮歯といっても材料や使い方が様々あります。
審美治療のセラミックマイスターコースで使っている仮歯は
型取りした歯の模型から仮歯の形を作り
24時間以上かけてお湯の中で固めて作製します。


歯の形態や長さ、歯茎のラインとの相性など
細部にまでこだわって仮歯を修正していきます。
細かい作業が必要になるため、時に顕微鏡も使うこともあります。


この写真はどの歯が仮歯かわかりますか?





実は前歯6本すべて仮歯なんです。

プラスチックなので透明感はありませんが
形態や色調は本物の歯のようですよね。

そのため患者さんには
『仮歯のままでいいよ』と言われることもしばしばあります(笑)


保険診療では材料や時間に制限があるため
ここまでのことはできませんが
自費診療の場合は仮歯にもとことんこだわって
患者さんにも満足していただいています。


もちろん仮歯の段階では思うように
咬むことができないので注意が必要です。
プラスチックのオモチャの包丁が切れないように
仮歯では噛み切ることは難しいです。
また、硬いもの、粘着性のある食べ物を食べると
割れたり外れたりすることもあります。

ただ、仮歯の材料は足すことも、削ることもできるため
形態の修正が簡単にできます。
患者さんに実際に使っていただきながら
ご希望を聞いて形態の微調整をしていくのです。

『もう少し歯を短くしたい』
『舌のさわり心地がきになる』
など
ご希望を言ってくださる方も沢山いらっしゃいます。

そうして患者さんの希望に沿った形に仮歯を調整し
それを本物の歯に反映させて作製していきます。

納得いく歯が入った時の患者さんのお顔はとても嬉しそうで
それは治療に携わった者として最高の瞬間です。



鈴木 久史

投稿者: 鈴木歯科医院

2012.02.16更新

こんにちは院長の鈴木です

本日は『パピーラ』のお話をしたいと思います。

パピーラとは何のことでしょうか?
ほとんどの方が耳にしたことのない言葉だと思いますが
実はこのパピーラ審美治療を行うときに
とっても大事なものなのです。


パピーラとは日本語で歯間乳頭(しかんにゅうとう)の事です。

歯間乳頭といっても、やはり聞きなれない言葉ですよね。
歯間乳頭とは、歯と歯の間(隣接面)の歯肉(歯茎)のことです。





写真の丸で囲った部分
歯と歯の隙間を埋めるように三角形の歯茎が入り込んでいますよね。
これが我々がパピーラ(歯間乳頭)と呼んでいるものなのです。

写真のパピーラは鋭い三角形で
歯と歯の間をきれいに埋めていて
とても健康で理想的な形をしています。

もし、このパピーラがなくなってしまったら
前歯の見た目はどうなってしまうでしょうか?





パピーラが失われてしまうと、歯と歯の間に黒い三角形の隙間
ブラックトライアングルができてしまい
歯の形態も美しく見えなくなってしまいます。

パピーラとは歯を健康的に美しく見せるためには
とても大事なものだということがお分かりいただけると思います。


そこで当院ではセラミック治療などを行う場合に
このパピーラをきれいに再生させることにもこだわっているんです。


最終的な型取りをする前に仮歯の形態修正に時間をかけることで
このパピーラの形を整えたり
場合によっては歯肉の手術を行って
失われたパピーラを再建することもあります。

インプラント治療においても同様で
歯を失った部分の骨や歯茎は退縮していくものですが
骨や歯茎のボリュームを増す手術なども行いながら
パピーラを作り上げていきます。


このように当院での審美治療は
単純にセラミックの被せものをお作りするだけではなく
その周りの歯茎にも配慮したトータルでの美しさを目指しています。

そのため治療の回数や時間が長くなることもありますが
手間暇をかけた分、きっと患者さんには満足していただけると思います。


鈴木 久史

投稿者: 鈴木歯科医院

2012.02.09更新

こんにちは院長の鈴木です。

前回はインプラントの術前検査である
CTデータを使った3Dシシミュレーションについてお話しました。
今回はそのインプラントシミュレーションを
実際の手術に反映させるガイデッドサージェリーについてご紹介します。

インプラントの埋入位置のシミュレーションは
CTデータの3Dシュミレーションをもとに
血管や神経の走行、骨の厚みや骨の質
相対する歯との噛み合わせなどの
細かい条件を考慮して決められています。

その精密に決められたインプラントの埋入手術を
口腔内という狭い中でいかに正確に、そして安全に行なうか。

そこで サージカルテンプレートという
手術用のガイドを用いたインプラントの埋入手術法
ガイデッドサージェリーが有効になってくるのです。





サージカルテンプレートとは特殊な樹脂でできた
マウスピースのような装置です。
この装置を口腔内に入れた状態で
インプラントの埋入手術を行います。

サージカルテンプレートは3Dシミュレーションの
データを解析して作られており
インプラントを埋入したい方向に沿って
円柱状に穴があけられています。

そのため、術者はその穴に沿ってインプラントを埋入していくことで
シミュレーション通りにインプラント手術を行うことが出来るのです。





この手術方法はほとんど切開する必要がなく
フラップレス手術(無切開手術)にも使われています。
一般外科の内視鏡手術の様なもので
患者さんの体の負担が少ない手術といえるでしょう。

出血、痛みも、腫れも非常に少なくすることができるため
患者さんには安心して治療を受けていただけます。

体への負担が少ないうえに
安全かつ正確なインプラント手術が可能になるため
ガイデッドサージェリーを希望される患者さんは
非常に多くいらっしゃいます。

前年度、当院で行なったインプラント手術の
66%ガイデッドサージェリー(ガイド手術)で行われました。
これは都内でもかなり多い件数で
ノーベルバイオケア社のガイデッドサージェリークラブにも登録されています。

インプラントの手術というと、患者さんのほとんどが
痛みのことや、出血についてなどの術後の経過を心配されているようです。
それらを考えた時、ガイデッドサージェリーは
患者さんのニーズに合った手術法だと言えます。

また、他院では断わられたような難しいインプラント治療も
ガイデッドサージェリーのおかげで安全かつ容易に行えるようになりました。

当院のインプラントチームはこのガイデッドサージェリーの
精度をさらに高めていきたいと思います。
そしてインプラント治療の完成形が
より審美的で機能的なものになるようこだわり続けていきます。


鈴木 久史


投稿者: 鈴木歯科医院

2012.02.03更新

こんちには院長の鈴木です。

今日はインプラント治療に必須なCT検査についてお話します。

最近、いろいろと聞かれることの多いインプラントですが
特に手術についてよく聞かれます。

インプラントの手術では骨の中の神経の走行
血管の位置、お口の周りの筋肉の位置など
注意していかなければならないことが多岐に渡ります。

そのため、治療を受ける患者さんも
手術に関して心配になるのだと思いますが
当院では術前にCT検査を必ず行うことで
安心して安全な手術を受けていただいています。

CT画像というと、よく医療のドラマで見られるような
断層撮影された何カットもの画像が
一枚のフィルムに収められたような
大きなレントゲン写真をイメージされると思います。



しかし、このCT画像では歯科の治療には向いていないのです。

何故なら、インプラントには噛み合わせになる相手の歯があり
その位置を考えた方向にインプラントが向かなければなりません
そして、埋入する骨の形、厚み、血管、神経の位置のよっても
方向や深さを考えて入れなければならないからです。

そのため、あらかじめCTの断層面の方向が決められている写真では
角度をつけた時の正確な長さの測定や周りの状況の把握しづらいのです。

そこで大事なのがCTデータの3D化なのです。
3次元的にCTデータを分析して
その上でのシュミレーションすることが必要となります。

このシュミレーションでは、実際には見ることの出来ない脳の側からの画像や
上顎の頬骨の中を横に通っている血管、骨の質までも見ることが出来るようになります。




今では、このデータを見ることで
安全 痛みの少ない手術ができるようになりました。

また予後が予測できる事で
治癒期間も短くする事ができるようになりました。

当医院では、インプラント治療をする場合は
100%すべての患者さんにCT検査を行い
その画像をお見せしながら説明をしています。

3D画像をお見せすると患者さんも理解しやすく
熱心にご質問される方も多くいらっしゃいます。


次回はCTデータを活用した
ガイデッドサージェリーについてもお話したいと思います。

鈴木 久史

投稿者: 鈴木歯科医院

2012.02.01更新

2月11日(祝)に鈴木、吉田の2名のドクターがインプラント学会に出席いたします。

OJ (Osseointegration study club of Japan)
2012年ミッドウインターミーティング




インプラントの勉強グループは全国に様々ありますが
それらが一同に会して、最新のインプラント治療に関する
情報交流をするのが今回の学会です。

年に2回、日本各地で行われますが
今冬は東京で開催されるため
当院からは鈴木、吉田の2名が出席してきます。

インプラント治療の最前線を学んで
鈴木歯科での診療にも活かしていけたらと思います。

また、学会の内容をご報告いたしますのでご期待ください!





投稿者: 鈴木歯科医院

メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログこだわり審美歯科専門サイトへ鈴木歯科医院インプラント専門サイトへ入れ歯をご検討されている方はこちら