2013.10.17更新

鈴木歯科医院で導入している
機材や、材料を紹介いたします。


【口腔内吸引器 ZOO ズー】

 

治療中にお口の中に挿入することで、お口を開けた状態を保ちながら
歯の周りの水分を吸引し、乾燥・防湿の状態を維持できる器具です。

歯科の治療には唾液に触れてしまうとうまくいかない治療が多くあります。

例えば、知覚過敏の処置のために歯の表面に薬剤や樹脂を付けるときや
歯にセラミックなどを接着するとき、または根の治療をするときなど
あらゆる場面で乾燥・防湿の状態に保つことが必要になってきます。

そんな時に役立つのがこのZOOです。
ZOOのチューブには多くの穴が開いていて、そこから常に水や唾液を吸い続けてくれるため
効率よく確実に治療を行うことが出来ます。

また、ZOOを装着することで自然と口が開くため
長時間口を開けているのが苦手な方でも楽に治療が受けられます。


【レジン系接着剤 ユニセム】



接着力が非常に高いセメント(接着剤)です。

ユニセムは透明感がある接着剤のため、セラミックの色合いを邪魔することがありません。
セラミックをつけた後も自然な色味を出すことが可能なので
セラミックの接着には非常に適した接着剤と言えるでしょう。

また、歯と補綴物の間にできるすき間に空気が入らないよう工夫されているため
虫歯の再発も減らすことが出来、歯を長持ちさせることが出来ます。
さらに、術後の痛みの発生率が低いという嬉しい統計も出ています。



【根管長測定器 Root ZX】



根管治療(歯の中の神経の治療)の時に歯根の長さを正確に測るための機器です。
以前から同様の機器を使用していましたが
今回、コンパクトになり精度が増したものにバージョンアップしました。

根管治療は歯科治療の中で大きな割合を占めています。
これは神経を取り除いた根の中に細菌や汚れが残ってしまった場合に
根の先端に膿がたまったりして再治療が必要になることがしばしばあるためです。

再発を防ぐためには歯根の長さをしっかりと把握して
根の先端まで感染した汚れを徹底的に除去し洗浄することが必要になります。

そのため、このような機器を使用して治療する根の長さを正確に測ることが大事なのです。

根管長測定器は患者さんの頬に金具を引っかけて治療するだけで
痛みもなく簡単に測定できるため、現在の根管治療には必須アイテムといえます。

また、根の長さが把握できていれば患者さんの治療時間を短縮し
確実な治療を行うことが出来ます。

投稿者: 鈴木歯科医院

2013.10.16更新

医療機材を紹介いたします。

バリオサージメディフュージという2つの機材です。

これらを用いることでインプラント治療が安全に行えて
治癒期間も短縮させることが出来ます。


【バリオサージ】



バリオサージは超音波振動によって骨を削ることが出来る外科用の機器です。
主にインプラント治療で骨を削るときや、抜歯の後の骨の表面をきれいにするときに用います。

バリオサージは骨の細胞にダメージを与えずに骨を削ることが出来るため
従来の方法に比べて、術後の回復が早く身体に優しい治療を行えます

インプラント手術後の出血や、腫れ、痛みがかなり軽減されるため
患者さんにとっての大きなメリットがあります。

また、抜歯の時に骨造成法と併用することで、その後の治りが劇的に早くなります。
今まで3、4日間腫れてしまうような状態の抜歯も1、2日くらいの腫れで済み
傷口の治りがとても早く、きれいになります。

そのため抜歯をしてからインプラントを行ったり
義歯を作ったりするまでの期間が短くなるのです。
歯がない不自由な期間が短くなるのは大きなメリットです。

以前から使っていたピエゾサージェリーという同様の超音波機器と
今回導入したバリオサージの2台を併用する事で
頻繁に使えるようになり効果的な治療ができるのです。


〈以前から使用しているピエゾサージェリー〉




【メディフゥージ】




治療前に患者さん自身の血液を採取させていただき
その血液中にある成長因子と呼ばれる成分をインプラントなどの
外科治療に役立てるための機器がメディフゥージです。

採血した血液をこのメディフゥージによって遠心分離させることで
成長因子が凝縮した液体や膜状のものを作ることが出来るのです。

この成長因子と呼ばれる成分を抜歯した後の傷口に填入したり
膜状のもので傷口の表面を覆ったりして使用します。

今まではこれらの代わりとなる人工的な薬剤や膜を使用していましたが
成長因子を用いた治療の方が圧倒的に早く治癒し、傷口も綺麗に治ります。

また、痛みや腫れも軽減する効果があります。

さらに、自身の血液を使用するため人工材料を使う不安もなく
安全な治療を行うことも出来るため、とても注目されている治療方法なのです。

論文や講演会等でその成果がはっきりしてきましたので
この度当院で導入することとなりました。


これらふたつの機器はいずれも患者さんの痛みや腫れの軽減、
さらに治療期間の短縮に役立つものす。
今後これらの機器を使うことにより、患者さんが治療を快適に受けられ
痛みも少なく出来るよう頑張って行きたいと思っています。


鈴木 久史

投稿者: 鈴木歯科医院

2012.02.16更新

こんにちは院長の鈴木です

本日は『パピーラ』のお話をしたいと思います。

パピーラとは何のことでしょうか?
ほとんどの方が耳にしたことのない言葉だと思いますが
実はこのパピーラ審美治療を行うときに
とっても大事なものなのです。


パピーラとは日本語で歯間乳頭(しかんにゅうとう)の事です。

歯間乳頭といっても、やはり聞きなれない言葉ですよね。
歯間乳頭とは、歯と歯の間(隣接面)の歯肉(歯茎)のことです。





写真の丸で囲った部分
歯と歯の隙間を埋めるように三角形の歯茎が入り込んでいますよね。
これが我々がパピーラ(歯間乳頭)と呼んでいるものなのです。

写真のパピーラは鋭い三角形で
歯と歯の間をきれいに埋めていて
とても健康で理想的な形をしています。

もし、このパピーラがなくなってしまったら
前歯の見た目はどうなってしまうでしょうか?





パピーラが失われてしまうと、歯と歯の間に黒い三角形の隙間
ブラックトライアングルができてしまい
歯の形態も美しく見えなくなってしまいます。

パピーラとは歯を健康的に美しく見せるためには
とても大事なものだということがお分かりいただけると思います。


そこで当院ではセラミック治療などを行う場合に
このパピーラをきれいに再生させることにもこだわっているんです。


最終的な型取りをする前に仮歯の形態修正に時間をかけることで
このパピーラの形を整えたり
場合によっては歯肉の手術を行って
失われたパピーラを再建することもあります。

インプラント治療においても同様で
歯を失った部分の骨や歯茎は退縮していくものですが
骨や歯茎のボリュームを増す手術なども行いながら
パピーラを作り上げていきます。


このように当院での審美治療は
単純にセラミックの被せものをお作りするだけではなく
その周りの歯茎にも配慮したトータルでの美しさを目指しています。

そのため治療の回数や時間が長くなることもありますが
手間暇をかけた分、きっと患者さんには満足していただけると思います。


鈴木 久史

投稿者: 鈴木歯科医院

2012.02.09更新

こんにちは院長の鈴木です。

前回はインプラントの術前検査である
CTデータを使った3Dシシミュレーションについてお話しました。
今回はそのインプラントシミュレーションを
実際の手術に反映させるガイデッドサージェリーについて紹介します。

インプラントの埋入位置のシミュレーションは
CTデータの3Dシュミレーションをもとに
血管や神経の走行、骨の厚みや骨の質
相対する歯との噛み合わせなどの
細かい条件を考慮して決められています。

その精密に決められたインプラントの埋入手術を
口腔内という狭い中でいかに正確に、そして安全に行なうか。

そこで サージカルテンプレートという
手術用のガイドを用いたインプラントの埋入手術法
ガイデッドサージェリーが有効になってくるのです。





サージカルテンプレートとは特殊な樹脂でできた
マウスピースのような装置です。
この装置を口腔内に入れた状態で
インプラントの埋入手術を行います。

サージカルテンプレートは3Dシミュレーションの
データを解析して作られており
インプラントを埋入したい方向に沿って
円柱状に穴があけられています。

そのため、術者はその穴に沿ってインプラントを埋入していくことで
シミュレーション通りにインプラント手術を行うことが出来るのです。





この手術方法はほとんど切開する必要がなく
フラップレス手術(無切開手術)にも使われています。
一般外科の内視鏡手術の様なもので
患者さんの体の負担が少ない手術といえるでしょう。

出血、痛みも、腫れも非常に少なくすることができるため
患者さんには安心して治療を受けていただけます。

体への負担が少ないうえに
安全かつ正確なインプラント手術が可能になるため
ガイデッドサージェリーを希望される患者さんは
非常に多くいらっしゃいます。

前年度、当院で行なったインプラント手術の
66%ガイデッドサージェリー(ガイド手術)で行われました。
これは都内でもかなり多い件数で
ノーベルバイオケア社のガイデッドサージェリークラブにも登録されています。

インプラントの手術というと、患者さんのほとんどが
痛みのことや、出血についてなどの術後の経過を心配されているようです。
それらを考えた時、ガイデッドサージェリーは
患者さんのニーズに合った手術法だと言えます。

また、他院では断わられたような難しいインプラント治療も
ガイデッドサージェリーのおかげで安全かつ容易に行えるようになりました。

当院のインプラントチームはこのガイデッドサージェリーの
精度をさらに高めていきたいと思います。
そしてインプラント治療の完成形が
より審美的で機能的なものになるようこだわり続けていきます。


鈴木 久史


投稿者: 鈴木歯科医院

2012.02.03更新

こんちには院長の鈴木です。

今日はインプラント治療に必須なCT検査についてお話します。

最近、いろいろと聞かれることの多いインプラントですが
特に手術についてよく聞かれます。

インプラントの手術では骨の中の神経の走行
血管の位置、お口の周りの筋肉の位置など
注意していかなければならないことが多岐に渡ります。

そのため、治療を受ける患者さんも
手術に関して心配になるのだと思いますが
当院では術前にCT検査を必ず行うことで
安心して安全な手術を受けていただいています。

CT画像というと、よく医療のドラマで見られるような
断層撮影された何カットもの画像が
一枚のフィルムに収められたような
大きなレントゲン写真をイメージされると思います。



しかし、このCT画像では歯科の治療には向いていないのです。

何故なら、インプラントには噛み合わせになる相手の歯があり
その位置を考えた方向にインプラントが向かなければなりません
そして、埋入する骨の形、厚み、血管、神経の位置のよっても
方向や深さを考えて入れなければならないからです。

そのため、あらかじめCTの断層面の方向が決められている写真では
角度をつけた時の正確な長さの測定や周りの状況の把握しづらいのです。

そこで大事なのがCTデータの3D化なのです。
3次元的にCTデータを分析して
その上でのシュミレーションすることが必要となります。

このシュミレーションでは、実際には見ることの出来ない脳の側からの画像や
上顎の頬骨の中を横に通っている血管、骨の質までも見ることが出来るようになります。




今では、このデータを見ることで
安全 痛みの少ない手術ができるようになりました。

また予後が予測できる事で
治癒期間も短くする事ができるようになりました。

当医院では、インプラント治療をする場合は
100%すべての患者さんにCT検査を行い
その画像をお見せしながら説明をしています。

3D画像をお見せすると患者さんも理解しやすく
熱心にご質問される方も多くいらっしゃいます。


次回はCTデータを活用した
ガイデッドサージェリーについてもお話したいと思います。

鈴木 久史

投稿者: 鈴木歯科医院

メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログこだわり審美歯科専門サイトへ鈴木歯科医院インプラント専門サイトへ入れ歯をご検討されている方はこちら