2013.10.17更新

鈴木歯科医院で導入した
新しい機材や、材料をご紹介いたします。


【口腔内吸引器 ZOO ズー】

 

治療中にお口の中に挿入することで、お口を開けた状態を保ちながら
歯の周りの水分を吸引し、乾燥・防湿の状態を維持できる器具です。

歯科の治療には唾液に触れてしまうとうまくいかない治療が多くあります。

例えば、知覚過敏の処置のために歯の表面に薬剤や樹脂を付けるときや
歯にセラミックなどを接着するとき、または根の治療をするときなど
あらゆる場面で乾燥・防湿の状態に保つことが必要になってきます。

そんな時に役立つのがこのZOOです。
ZOOのチューブには多くの穴が開いていて、そこから常に水や唾液を吸い続けてくれるため
効率よく確実に治療を行うことが出来ます。

また、ZOOを装着することで自然と口が開くため
長時間口を開けているのが苦手な方でも楽に治療が受けられます。


【レジン系接着剤 ユニセム】



接着力が非常に高いセメント(接着剤)です。

ユニセムは透明感がある接着剤のため、セラミックの色合いを邪魔することがありません。
セラミックをつけた後も自然な色味を出すことが可能なので
セラミックの接着には非常に適した接着剤と言えるでしょう。

また、歯と補綴物の間にできるすき間に空気が入らないよう工夫されているため
虫歯の再発も減らすことが出来、歯を長持ちさせることが出来ます。
さらに、術後の痛みの発生率が低いという嬉しい統計も出ています。



【根管長測定器 Root ZX】



根管治療(歯の中の神経の治療)の時に歯根の長さを正確に測るための機器です。
以前から同様の機器を使用していましたが
今回、コンパクトになり精度が増したものにバージョンアップしました。

根管治療は歯科治療の中で大きな割合を占めています。
これは神経を取り除いた根の中に細菌や汚れが残ってしまった場合に
根の先端に膿がたまったりして再治療が必要になることがしばしばあるためです。

再発を防ぐためには歯根の長さをしっかりと把握して
根の先端まで感染した汚れを徹底的に除去し洗浄することが必要になります。

そのため、このような機器を使用して治療する根の長さを正確に測ることが大事なのです。

根管長測定器は患者さんの頬に金具を引っかけて治療するだけで
痛みもなく簡単に測定できるため、現在の根管治療には必須アイテムといえます。

また、根の長さが把握できていれば患者さんの治療時間を短縮し
確実な治療を行うことが出来ます。

投稿者: 鈴木歯科医院

メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログこだわり審美歯科専門サイトへ鈴木歯科医院インプラント専門サイトへ入れ歯をご検討されている方はこちら