2012.11.29更新

鈴木歯科医院では、無痛インプラント治療(痛みや恐怖感を極力感じさせないインプラント手術)を行っております。

インプラント手術は局部麻酔で行うのが一般的です。
患者様は意識がしっかりしている状態で手術を受けることになりますので
痛みはなくても「怖い」というイメージを持ってしまいがちです。

そんな恐怖心を取り払うために用いられる方法が静脈内鎮静法とういう麻酔治療です。
これは鎮痛薬や向精神薬を静脈内に注入し麻酔状態をもたらす方法です。

鎮静法をおこなうと治療中はぼんやりした状態になっており
治療中に起こったことを覚えていないことが多くなります。

また、時間の感覚も麻痺するので治療時間が実際よりも短く感じるようにもなります。
いつ終わるのか不安にさらされながら治療を受けるようなこともないのです。

当院ではインプラント治療時に専門の麻酔科医を招いて
このような麻酔方法を行うことが可能です。

手術に強い不安感がある方は遠慮なくお問い合わせください。

投稿者: 鈴木歯科医院

メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログこだわり審美歯科専門サイトへ鈴木歯科医院インプラント専門サイトへ入れ歯をご検討されている方はこちら